《祝3歳半》この夏のブリ男の新習慣

ブリ男、もうすぐ3歳半です。

猫
人間がやったら首を寝違えそうな姿勢。

もう3歳かー。人間でいったらアラサーとか、いつの間にかいいオッサンになっちゃって。
と驚いたのが昨日のことのようなのに、あれからすぐに半年経ってしまいました。

ブリ男にとっては今までの猫生の中で最も幸せな半年間だったのではなかろうか。と思っています。

というのも、この半年は新型コロナウイルス騒動で、ワタシの在宅率がぐんと上がったため。
参考:[Stay Home]在宅勤務のメリット・デメリット

猫
代理でWeb会議に参加してくれればいいのに。

今まで週5で早朝から夕方まで放置が当然だったのに、今では出社した日は「なんで留守番させるんだよ…」とご不満顔をするようになりました。

思い出すと3年前、まだブリさんをケージで留守番させていたとき、夕方ブリ男をケージから抱き上げると「朝より重くなっているんじゃない!?」と成長のスピードに驚愕したものです。
ぐんぐん大きくなってしまう仔猫から目を離すのが惜しくてたまらなかったあの頃、今のように在宅勤務率が高ければワタシもどんなに幸せだったことか。
でもそうしたらお留守番に不慣れな猫に育ってしまって、留守をしたらご不満顔どころか大暴れしたかもしれない。まあこれでよかったのか…と己を慰めています。
できればブリ男がシニアになったとき、今みたいに自宅で体調を見守れる状態になっているといいのですが、どうなるでしょうね。

 

さて、デカい生き物が1日中家にいるのが珍しくなくなってみると、留守番中と同じようにブリ男はひたすら昼寝しています。
おやつのおねだりも思ったよりエスカレートせず、ワタシがトイレに立ったりお茶を淹れたりしてゴソゴソしていても眠そうに見てくるだけ。
たまに皿の前に居座って「ください!」顔をしてきますが、午前中に一度もおやつのおねだりをしない日もあり、朝から昼にかけては睡眠優先のようです。おかげで仕事が捗ります。

ところがワタシが昼食の準備を始めると、シュタッ! とキッチンに乗ってくるブリ男さん。
ブリさんの昼食用にと数グラムウェットフードを取り分けてあるのを知っているのです。
「お母さんのゴハンを先に作らせてちょうだいね…」と言っても聞かず、レンジで冷凍ご飯を解凍し始めようものなら真横でじっとレンジを見守っています。それ、ブリさんのじゃありませんよ…。

ようやくゴハンをもらったら、ブリ男はリビングから出ていきます。

なぜか昼食後はクローゼット部屋の窓辺でまったりするのです。

猫

狭い窓枠に乗ることもあれば、キャビネットの上でのびのびと寝ているときもある。

寒い時期はクローゼット部屋でまったりするということはまずしませんが、夏になるとなぜかこの部屋が好きです。そしてよりによって日中の最も暑い時間帯に南向きの窓にべったり。エアコンのない部屋なのに、暑くないのかしら。

更に、最近はクローゼット部屋にも爪とぎを置いてあるので、そこで寝ているときもあります。

猫
トイレは洗って乾かした後に放置していたのです。

ブリさんの爪とぎは半年ごとに買い替えています。

半年前も新しい爪とぎが来てから粗大ゴミの日まで古い爪とぎをクローゼット部屋に置いていたのですが、たまにパリパリするくらいでさほど気に入っていない様子でした。
それが今回も「仮置きで」と置いたところ大変お気に召したご様子で、上でまったりするし中に潜り込んでみるし朝な夕なにパリパリしています。どうやら、夏にお気に入りの部屋に好きなアイテムが設置されて盛り上がっているようです。

夜、ワタシが洗濯物を干したりしてからリビングに戻るとブリ男がいない。クローゼット部屋を覗くと真っ暗な中でブリ男が爪とぎの上にちょこんと乗っている。
というのが最近の日課になっています。
というわけで古い爪とぎを処分するのは見送ったという次第でした。

 

ずっとデカい生き物と一緒にいると飽きてベタベタしてくれないかな。
と心配していたけれど、一応毎日夜中にベッドに乗ってベタベタうふうふしてきてくれます。

この半年間みたいな生活がずっと続くといいのにね。これにはブリ男も同意してくれるんじゃないかなあ。
と、自惚れています。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “《祝3歳半》この夏のブリ男の新習慣”

  1. りんむさま

    ブリちゃんとの濃密な時間、是非楽しんでくださいねー。私は13年間飼ってた猫が2年前に旅立ってしまい、猫がいない生活にようやく慣れてきました。でも自粛期間中は、今一緒にいたらもっと可愛がってやれたのになぁって何度も思い出しちゃいました。

    猫ほど可愛い生き物って他にいないですよね。ネコ、最高!ブリちゃん、最高!

    1. きなこサマ
      13年間も可愛がってもらったのですから、猫ちゃんも満足だったでしょうね。
      でもこのステイホーム期間に一緒に暮らせたら…と考えちゃいますよね。
      ありがたみを噛みしめつつ、毎日ブリ男と暮らしたいです。

      猫はホントに可愛いですね!
      好き好き!という態度は夜中限定というのが不満ですが笑、永遠の思春期だと思って見守ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です