この夏休み、最高のビッグイベント

先週は夏休みだったという方も多いと思いますが、皆様いかがお過ごしだったでしょうか。

Summer

ワタシは実家に顔を出したりたまに買い物に行ったりするくらいで、基本的に引きこもりの毎日でした。
いつもと同じように早朝散歩に出るも、朝の時点で30℃近い気温でぐったり疲れ、帰宅した後は寝てしまうという毎日。怠惰を絵に描いたような夏休み。幸せでした…。

新型コロナウイルスの感染拡大中といっても、春と違って店が開いていたのが救いですね。
さすがに怠惰過ぎるわ…と反省してぶらりとデパートに行き、マスクをしていても平気な涼しい店内であれこれ見て回ることが出来たのがGWとの大きな違い。名古屋も春とは段違いの感染状況ですが、こんな具合なので緊張感はイマイチな気がします。

 

さて、そんな夏休み。
最大のイベントといえばコレでした。

ブリ男のシャンプーです。

今年はなぜかフケが目立つブリ男さん。
参考:ブリ男、急遽シャンプーされる。

しばらく落ち着いていたのですが、先日尻尾の付け根辺りにまたちらほらとフケを見かけました。
シャンプーシートもしばらくサボっていたし、せっかくの(?)猛暑日だし、ヒマだし、洗ってやれ! と、シャンプーすることにしたのですね。

思い返すと、この時期にブリ男をシャンプーするのは初めてかもしれません。
仔猫のときは去勢手術の直後だったから洗いにくかったし、その後も夏休みはワタシが忙しかったりして何となく過ぎてしまいました。
この時期になるとさすがに冬毛がわっさわっさ抜けるという現象はないので「夏毛がもさもさ抜けるタイミングで洗うかー」となってしまうんですよね。んで、初秋は台風ばかりで洗いづらい日々が続き、結局シャンプーしないという。

だがしかし!
史上最もヒマなこの夏休みなら洗える!

と、思い立ち、さり気なく浴室の準備を整えました。ま、さり気ないっつっても察しのいいブリ男は「何してんの?」という顔をしてちょこまかワタシの後をつけていたのですが。

ブリ男をワンシーズンに3回も洗うのは初めてです。
参考:ブリ男、初めてワンシーズンに2回目のシャンプーをされる。

短期間に何度も洗うとワタシも慣れたもので、今回も浴槽の上に蓋を乗せて、そこに乗ったブリ男をもしゃもしゃと洗いました。
蓋の上で洗うと隙間から泡や毛が浴槽に流れるのですが、洗い場や浴槽内でしゃがんでブリ男を洗うとワタシの身体に乗ってきてシャンプーどころじゃないんですよね。全身びしょ濡れなうえにブリ男の爪痕だらけになるよりは、後で浴槽の掃除をする方がラクということを学習しました…。

ブリ男も慣れたのか、前回までは「この世の終わり!」みたいな恐怖に満ち満ちた顔をして「うぉあぅぅあぅぉ」と抗議の声をずっと上げていたのが、今回は「ヒドい目に遭わされているぜ…!」という顔はしているものの怯えた様子はなく、たまに「あーん」と文句を言うくらいでした。

あまり深追いせず手早くシャンプーとすすぎのシャワーを終え、タオルドライ開始。
もうドライヤーはすっかり諦めて、マイクロファイバーの大きめタオルで包んで水滴を取り、あとは何度かタオルを取り替えつつ拭くだけです。

これまたブリさんは慣れたようで、これまでは「飼い猫にこんな態度を取られるなんて…」と落ち込むくらい怯えていたのが、今回は「またイヤなことされたぜ…」とうんざりしているっぽかったけれど恐怖とまではいかないカンジでした。

やっぱり慣れが大事ですね。猫も飼い主も。
小さい頃から何度もシャンプーしてもう少し慣らしてやればよかったな…と、ちょっぴり後悔しています。

 

シャンプーの後はご褒美タイム。
必死に毛繕いをしているブリ男に「ブリさん、ご褒美だよ」と声を掛けると、毛繕いをさっさと中断して小走りで寄ってきます。
イヤな目に遭ってもデカい生き物を警戒しないブリ男には毎度感心します。

ご褒美はママクックのささみのフリーズドライ。
喉をぎゅるんぎゅるん鳴らしながら食べます。人間の鼻にも美味しそうだもんなあ。

そして夜、ワタシがお湯張りを始めると何事もなかったように浴室へやってきたブリ男さん。

あなた半日前にここでイヤな目に遭ったの、忘れちゃったの?
おおらかだと思っていましたが、単に忘れっぽいだけなのかもしれません…。

 

今年はせっかく在宅率が高いことですし「夏毛がもさもさ抜けるタイミングにシャンプー」を実現させたいものです。
それが終わったら今年のシャンプーシーズン終了といきたいところですが、フケの様子によってはどうかな。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “この夏休み、最高のビッグイベント”

  1. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    暑いですねー。普通じゃない暑さです。

    同じく自宅引き篭もりでした。出掛ける気力なくなる暑さですよ。こんな夏は無いですね。
    コロナも春に比べたら圧倒的に感染者が多いのに緊張感が無いですよね…慣れって怖いです。
    ただ高齢者に近い年齢、少し怖いですが…(ΦωΦ)フフフ…

    連休最終日、ウチもお猫様を丸洗い!
    風呂に蓋をして皆さん同じですね!
    悟ったのかジッと辛抱?我慢してます。
    ただ…シャワーを止めたら限界?タオルで包む間もなく脱走!
    フケは無いと思うのですが…男盛り?
    脂っぽい感じで、毛割れします。
    ロン毛なので仕方ないのですがね。
    サロンの予約も9月末なので頑張りましたよ。
    少しはフワフワになりました。

    1. まだむサマ
      毎日暑いですねー。
      2年前は名古屋も40℃超えだったので「これより暑いのか…」と今更ながらに慄きました。
      勇気を出して出掛けても最寄り駅までの数分間で汗ダラダラ…。この季節、在宅勤務はありがたいことだ…と噛みしめています。

      コロナ、今のところ重症患者や死者がそれほどでもないから緊張感ないですよね。
      家庭内に年寄りどころか猫しかいないという状況なので、余計に緊張感がないです…。
      これで秋冬に重症者激増とならなければいいのですが、どうなんでしょうね。

      これだけ暑いと猫洗い日和ですよねー!
      ブリ男も男盛りなのでどうしても脂っぽさと毛割れがあります。あと白い部分が黄ばむ笑
      更に寝ているときにワタシの顔の脂まで追加されるので洗ってやらないと可哀想です笑
      ブリ男も一度サロンに挑戦させてみたいと思っていましたが、この状況だとわざわざ他人に接触させるのはなーと諦めています。
      プロの手でフワフワツヤツヤにしてもらったら可愛さ倍増ですよね。9月の仕上がり写真、楽しみにしてます!

  2. 私も先日、飼い猫を洗ったところです。
    いつもは、と言っても年に二回程度ですがサロンで洗ってもらっていました。
    しかしコロナが心配で、この春先、見送っていたのです。
    前猫はやんちゃでよく脱走して、その度に自宅で洗っていましたが、現猫は大人しくて家でじっとしているタイプなので自宅洗いするチャンスがなかったのです。
    夏ということもあって我が家もタオルドライのみにしました。
    猫によって乾き方も違いがあるのか、現猫はすぐに元通りになりましたよ〜
    さらさらではなく、ちょっと縮毛気味の毛の猫ですが、それが良いのかな。
    ごっそり抜けたので、やはりマメにシャンプーするべきでした。
    とはいえ暫く警戒されるので、ただでさえ懐いていないので、トホホです。
    ぶりさんはすぐに忘れてくれて羨ましいです。

    1. yumiサマ
      おおお、yumiサマのところも猫シャンプーでしたか。
      サロンに連れて行く方、結構いらっしゃるんですね。ブリ男もプロにフワフワにしてもらってみたいです。

      ブリ男は背中や尻尾はタオルで拭かせるのですが、脚を嫌がるんですよね…。
      なので洗面所からリビングに戻るとき、一歩一歩後ろ脚をぶるるっ! ぶるるっ! と振りながら歩きます。拭けばすぐ不快感がなくなるのに…。
      シャンプーされたのをすぐ忘れてくれるのはありがたいのですが、デカい生き物には捕まらないぜ! という態度は常日頃なのである意味警戒されっぱなしです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です