【猫の血液検査】ブリ男、あの数値に変化が…!

今年はワクチン接種時に血液検査のために血を抜かれたブリ男さん。

猫

先日、その結果が郵送されてきました。

問題があれば動物病院に呼び出しなので、ポストに封書が入っていた時点で「特に何かあったわけではない」ということが判明して、ひと安心。
さーて、どんな結果だったのかな、と開封しました。

検査項目および検査結果

総蛋白(TP)

標準値:5.7-7.8 g/dl
2018年 7.5
2019年 7.1
2021年 6.9

アルブミン(Alb)

標準値:2.3-3.5 g/dl
2018年 3.5
2019年 3.7
2021年 3.4

A/G比

標準値:0.4-1.1
2018年 0.9
2019年 1.1
2021年 1.0

AST(GOT)

標準値:18-51 IU/l
2018年 36
2019年 42
2021年 47

ALT(GPT)

標準値:22-84 IU/l
2018年 145
2019年 138
2021年 150

ALP

旧標準値:0-165 IU/l
新標準値:0-58 IU/l

2018年 75
2019年 70
2021年 71(旧)25(新)

γ-GTP

標準値:0-10 IU/l
2018年 1.3
2019年 1未満
2021年 1未満

尿素窒素(BUN)

標準値:17.6-32.8 mg/dl
2018年 25
2019年 23
2021年 27

クレアチニン(Cre)

標準値:0.9-2.1 mg/dl
2018年 1.4
2019年 1.74
2021年 1.55

総コレステロール(T-Cho)

標準値:95-259 mg/dl
2018年 234
2019年 230
2021年 222

中性脂肪(TG)

標準値:16-130 mg/dl
2018年 43
2019年 120
2021年 25

カルシウム(Ca)

標準値:8.8-11.9 mg/dl
2018年 10.6
2019年 10.5
2021年 10.1

無機リン(IP)

標準値:2.6-6.0 mg/dl
2018年 4.8
2019年 5.2
2021年 4.1

血糖(Glu)

標準値:71-148 mg/dl
2018年 93
2019年 95
2021年 92

ナトリウム

標準値:147-156 mEq/l
2021年 153

クロール

標準値:107-120 mEq/l
2021年 118

カリウム

標準値:3.6-5.3 mEq/l
2021年 3.9

2017年のデータもあるけれど、去勢手術前の検査結果だから割愛。
今のワタシの健診結果と小学生時代のそれを比較するようなものですからね。

獣医師の見解

肝臓機能の数値になるALTが相変わらず高めです。
ただ、これは1歳のときからなので、とりあえずは経過観察で問題ないとのこと。
定期的に検査して、数値が変な風に暴れないか要チェックですね。…という懸念事項があるのに、昨年血液検査をすっかり忘れていたダメ飼い主です。

また、前回は総コレステロール中性脂肪が高めに出て「要ダイエットですね!」と言われていたのが、今回は両方とも標準並みに落ち着きました。
やったね! 体重は変わらないけど血液が健康になったって、いいことじゃん!

と自分のダイエットの成功よりも喜んだのですが、よくよく見ると総コレステロールも中性脂肪も去年より標準値が上がっていました。猫も加齢と共に「この数値は上がっても仕方ないよね~」となるのかな?
ま、総コレステロールは相変わらず高めなので、ややデブ猫ということには変わらないですが…。

そして、中性脂肪は前回の数値が異常値だったのかな…というカンジです。
前回の血液検査は絶食ができず(止めたつもりのカリカリマシーンが稼働してしまった)、ちゃんと検査できていませんでした。この辺は血糖値に出るのかなーと思っていたら、あまり影響を受けてないっぽいんですよね。その分中性脂肪が跳ね上がったという。でも数時間前の食事で中性脂肪の値が変わるとも思えないし、よくわからんです。

今回の検査で新たに追加になったのは、ナトリウム・クロール・カリウム。身体の水分や腎機能を見るための数値です。
ナトリウムとクロールが高めなのが気になるところ。
ブリ男はあまり水を飲まないので、ウェットフードにお湯を足して食べさせています。絶食させると即ち水分不足になるから、そのせいかな…と思いたい。
とはいえ猫は腎臓の弱い生き物ですから、やっぱりもっと水を飲ませるようにしなきゃダメだなあ、と反省しました。
せっかくワタシの在宅時間が増えたんだから、水分たっぷりのおやつを増やすかな…。

 

とりあえず、今はすぐにどうこうということがなくてホッとしています。
あと数年でシニアの仲間入りをしてしまうブリ男さん。
猫又になるまで元気でいてほしいので、これからも獣医師さんに助けてもらいながらブリ男の健康管理に気をつけたいと思います。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “【猫の血液検査】ブリ男、あの数値に変化が…!”

  1. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    何はともあれ、何事も無く良かったですね。
    最後に血液検査したのは…去年かな?
    湿疹が出来て…でま調べたのは炎症の部分だけでほかは特に何も。

    あと二、三年後にはメデタク?中年の仲間入りですからね。
    ぼちぼち腎臓系とか気になるお年頃。
    それまで、何事もなく健やかに過ごして欲しい。

    1. まだむサマ
      おかげさまで、今年も現状維持といったところで、今のところ特にどうということがなく安心しました。
      つい先日まで仔猫ちゃんだと思っていたのに、シニアの足音がひたひたと聞こえるお年頃になったとは、猫の時間は速いですね~。
      猫又になるまで元気でいるようにちゃんと水を飲みなさいと言い聞かせたいのですが、まだそこまでの日本語は理解できないようです…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です