【猫の病気】あのブリ男が下痢をした!?

おでこを掻いて傷を作ってしまい、その治りがイマイチなのでステロイド剤を処方されたブリ男さん。
参考:【猫の病気】ブリ男、まさかの皮膚炎? それともアレルギー?

猫
↑ゴハンを食べた直後なのに「俺はもっと食べられるぜ!」とアピール。

ステロイドを飲み始めて1週間、確かに肌の赤みは治ったように見えます。
しかし、ですね。

ウンチがちょっと柔らかめになりました。

ステロイドの副作用なのかなあ、と検索してみたら下痢や嘔吐をする例もなくはないようですね。
でも、ブリ男は元々ウンチコロコロ猫なので、ちょっと柔らかめになったといってもむしろそれがいい状態的な? 「そりゃ薬飲んでりゃお腹の調子も変わるよねー」とあまり気にしていなかったのです。

お腹の調子は、ウンチの形状だけでなく排便のリズムにも変化を与えていました。
いつもはワタシの在宅時にウンチをするブリ男さん。ゴハンを食べて、それがきっかけになって催す、というリズムなのです。
それがステロイドを投与してからは決まってワタシの留守中にウンチをしていました。連続1週間もブリ男が気張る様子を見ないのは初めてです。たまに留守中にウンチすると記事にしちゃうほど珍しかったのに。
参考:[猫のトイレ]ウンチもひとりでできるもん!

ステロイドを始めて10日。

帰宅してトイレを覗くと、ビックリするほど汚れていました。
慌てて掃除をすると、大きなウンチの半分くらいが水様便になっています。それがトイレの壁を汚し、簀子を通り越してシーツも汚していました。

今までウンチが緩くなったときもせいぜいペースト状留まりで、水様便になったのは初めてです。
ブリ男はペーストだったときも「なんか変だったぜ…」と戸惑っていたので、今回も動揺したと思われます。ワタシがトイレ掃除をしている間、むーっとした顔で傍にいました。

これは病院に連れて行った方がいいのか? と考えたのですが、ブリ男自体は元気なんですよね。いつも通りにゴハンを寄越せ寄越せと大騒ぎして(下痢のときは食べさせない方がいいかと思ったけど無理だった)、部屋の巡回やちゅーちゃんとの戦闘もこなす。

結膜炎がひどかったときはずっとゴロゴロしていたのを思うと、全然元気です。
それに数日後に病院を予約してあるし、緊急事態でなければここで無理に病院に連れて行っても…なんて思ってしまいました。

下痢の要因として思い当たる節はステロイドくらいしかありません。
……いや、天候が不順だったから暑かったり寒かったりして体調を崩したのかも。
…………ちょっと待って、GO!のサンプルを貰って味見させたのがよくなかったのかも。食べさせたといっても日に3粒だけど、仔猫のときにGO!でペーストウンチを出したので、やっぱりお腹に合わないという可能性があります。

と、これといって要因を特定できなかったのですが、可能性として考えられるものは排除することにしました。

まずステロイドはストップ。ホントは獣医さんに相談のうえ止めなきゃいけませんが、既に投与量を減らしている段階で、残り4日なのでまあ誤差範囲だろうと飼い主判断で勝手に止めました(真似しちゃダメですよ)。
そしてGO!は廃棄。ブリ男はやっぱりGO!が好きみたいで、2年ぶりに食べさせたときは3粒食べ終わった後にケージから飛び出てきて「アレその辺に落ちてたりしない?!」と一生懸命探すほどでした。お腹に合わなくて可哀想に…。

それから、ビオフェルミンをフードに少量混ぜてみました。

検索すると猫に飲ませる人も結構いるんですね。ワタシも飲めるものだし、何かのときに備えて…と思って買ってありました。
結構甘みがあるし、獣医さんに相談したわけではないので投与はほんの少し。

そしてゴハンはヒルズのi/dに。

消化ケアの療法食なのでこれも勝手に食べさせていいものではないけれど、ブリ男が血便をしたときに食べさせてみたら調子がよかったのでお守り代わりにひとつふたつ常備しています。
成分を見るに、セルロース・フラクトオリゴ糖・サイリウム辺りがお腹に効くんでしょうね。

ヒルズのi/dは美味しいらしく、缶を開けるとブリ男は鼻をぶーぶー鳴らして喜びます。療法食って美味しくないのかと思っていたよ。
ビオフェルミンといつもより増量したサイリウムを混ぜても爆速で平らげていました。

ウンチはどうなったかというと、水様便の翌日は出ず。大量に出していたからなあ。
その翌日は小さいウンチを3回に分けて出していました。ブリ男は1日〜1日半に一度大きなウンチを出すタイプなので、まだ本調子じゃないようです。ウンチの形状はバナナで、一安心。ビオフェルミンとi/dはここで止めました。
その翌日はウンチなし。
さらにその翌日、いつも通りのバナナを出してホッとしました。

 

ちょうどその日は病院の日。獣医さんに下痢をして心配…と訴えたら「ステロイドは下痢する子いますよ。胃を荒らすから吐いちゃう子もいるし」とあっさり言われました。あ、やっぱり…。
下痢にビックリしてステロイドを中断したと言ったら怒られました。そりゃそうだ。

傷の治りは良好なのですが、たまーに掻いているのと途中でフケみたいなのがワッと出たのが気になります(1日だけだったけど)。最初ダニの卵かとビックリしたけれど、瘡蓋の粉だったらしい。獣医さんに診てもらってもダニらしきものはなかったのでそれは安心しました。
おでこの赤みもほぼ引いたと思ったけどよくよく見るとまだあるようです。なのでステロイドは少量をもう2週間続けることになりました。
えー、お腹心配…とワタシが変な顔をしていたら、最初の投与時には胃腸薬も出たけど今後はそれすら要らない量(1/4錠を2日に1回)なので多分大丈夫とのこと。
もう少し投薬を続けて、ブリさんの痒い痒いが治るか見守っているところです。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “【猫の病気】あのブリ男が下痢をした!?”

  1. りんむじんづさま

    ビオフェルミン、細粒がどうぶつに与えるのにも便利って口コミでよく見るので私も家に常備しておこうかと考えています!
    ブリ男ちゃん、おでこの傷が順調に良くなりますように✨

    1. emkサマ
      ビオフェルミン、人間にも使えるなら常備しやすいですよね。
      何ならサイリウムも共用したいのですが笑、あいにくブリ男のはペット用…。

      おかげさまで傷はすっかり治ったのですが、まだ耳の中に汚れが残っていて、たまに掻いているので違和感はあるようです。
      次の通院のときに何と言われるか…。
      ステロイドは短期決戦タイプの薬なのでもう打ち止めなのですが、まだ赤みや痒みが残るなら別の薬を…という話が出ているので、まだ投薬が続くかもしれません。
      肝臓が弱めの子なので薬が続くのも心配だけど、こればっかりは獣医さんを信じて治療するしかないですね。

  2. 下痢になったらお薬やめちゃうの、すごく分かります……あんな小さい身体で水溶下痢なんかしたら心配過ぎますよね。

    うちのも顔周りの皮膚が弱いっぽいので他人事ではなく、ドキドキしながら読んでいます。ブリ男さんの全快をお祈りしています。

    余談ですが、ブリ男さんお気に入りのチューちゃんをお店で発見して思わず買ってみたところ、うちの子も大興奮で遊んでおりますw
    身体が大きいのに、おもちゃは小さいのがお好きな様子……

    1. マルコさま
      そうなんですよ~。絶対獣医さんに叱られると分かっていても、下痢とは無縁の子が水様便とは…と動揺して無理でした。
      ワタシもマルオさんの治療の様子、とても参考にしています。お互いに良くなるといいですね。

      ちゅーちゃん、好評なようでよかったです!
      ブリ男も獲物は小さめがお好きなようで笑 自分で完全にコントロールできる感がいいんでしょうね。大きなけりぐるみとかはスルーしてます。
      ちゅーちゃん重宝しているのですが、ひとつは冷蔵庫の下に押し込まれて行方不明になりました笑

  3. りんむさま

    ブリ男ちゃん、お腹も皮膚症状もいかがでしょうか?りんむさんも驚かれた事と思います。

    うちの子は、我が家に来た初日から水様便をしてしまっていたので、猫飼い初心者の私はそれはそれはビビりました。(笑)あんな小さな子が!大変だ!と。

    その後も飼い主に似て、病気を繰り返しています。先天的な問題も多く、私もだいぶ鍛えられました。が、最近になりまた致命的な問題が発覚してしまい、またまた修行の日々です。

    うちの子もようやく2歳になりましたが、今までのところ「本猫に負担のない検査や治療ならば迷わずやる!」というスタンスで、早期発見&早期治療に結び付けてきました。やりすぎは良くないとは思いますが、「念のため」ってすごく大事だなぁと感じています。

    ブリ男ちゃんもりんむさまから見て元気そうなら一安心ですよね。りんむさまが一番ブリ男ちゃんの様子を分かっているはずですもの。時には獣医さんの指示を仰ぎつつ、石橋を叩きつつ、小さな変化を見守ってあげて下さいませ。どうかお大事に。

    1. きりんサマ
      ご心配ありがとうございます。
      おかげさまでステロイドが減ると途端にウンチの様子が元に戻り、それどころかコロコロし始めてきたので慌ててサイリウムを増やしたり、と右往左往しています。
      幸い、本猫はケロッとしていて、いつも通りゴハンゴハン! と元気に請求してくるのが救いです。

      今回は下痢の原因がステロイドとはっきりしていたからまだいいけれど、これが原因不明、ましてや身体の小さな仔猫だったらどれだけ心配か…。
      きりん様もさぞご心痛とは思いますが、ゆったりと見守ってあげてくださいね。
      きりん様の猫ちゃんも大過なくのんびり過ごせますように。

  4. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    お加減どうですか?
    ステロイドで下痢…確かに強い薬なので人間でも副作用があって、諸刃の刃なんですけどね…長期間使用しなければ特効薬なんですが…辛いですね

    子猫の時、目ヤニでステロイド入りの点眼薬、処方してもらい…冷蔵庫保管なんで、点眼だけでも嫌がるのに、冷え冷えの薬でしょ? 生後半年未満だったので、押さえ込み点眼したけど…今じゃ無理だわ…体重7.4…アレを抑え込むのは、恐怖を感じる…

    ウチは、錠剤の薬を未だに飲んだ事ないし、相変わらずのコロコロのウサギのウンチなんで、下痢ピー見たらビックリするわ…でも下痢ピーの原因がステロイドと判り良かったですが。今後、心配ですね、ステロイドは、一般的な薬になりつつありますからね

    1. まだむサマ
      おかげさまで皮膚の赤みも治まって、ステロイドはストップになりました!
      獣医さんも「短期間なら問題ないから! バッと使ってサッと止めればいいから!」と強調されていました。素人はその言葉を頼みに飲ませ続けるしかないですね。

      お察しの通り、ブリ男も普段コロコロウンチなので下痢されるとビックリですよ!
      血便のときほどギョッとしなかったけれど、一瞬何か病気とか!? なんて考えちゃいました。
      検索したら「ステロイド 下痢 嘔吐」とか出るので、すぐ見当がついたのが幸いです。ネットがある時代でよかった…。ない時代にテキトーに犬を飼っていたから、なきゃないでなんとかするのでしょうが…。

      7.4キログラムを抑え込むのは無理ですね!笑
      5.5キロも結構ヤバいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です