虎視眈々と領土拡大を狙う猫

ブリ男をリビングから開放した際、さすがに玄関の三和土には出入りしてほしくないわーとフェンスを立てました。

ワイヤーネット
参考:【100均】ダイソーのワイヤーネットで猫のペットフェンスをDIY!

100均のやぐい(三河や尾張の方言。脆いとか弱いとかそんなニュアンス)フェンスだからどこまで役立つかな。ま、これで様子を見て改善していけばいっか。
などと考えてとりあえず導入してみたつもりでしたが、これが案外活躍していてブリ男の三和土への侵入を防げています。

標準よりちょい高めにしたキッチンに飛び乗るのも「よっこらせ」というカンジの、アイツはホントに猫なのか? 疑惑があるブリ男にはこの高さでも充分らしいです。


参考:新築マンションのオプション[要る? 要らない?]

問題は、力持ちの坊ちゃんはこんなやぐいフェンスなんか押しのけられるということ。
実際、一度フェンスとフェンスの隙間に頭を突っ込んで強行突破していました。
が、フェンスが倒れるとガラガラガッシャーン! と派手な音を立てるので、ビビりの坊ちゃんは飛び上がって逃走。
たまにワタシもフェンスを倒してガシャンガシャンさせているから、それを見てすっかり「アイツ、ヤバいぜ…」と思ったようです。それですっかりフェンスを敬遠するようになり、物理的にというより精神的に侵入防止に役立っているのでした。

ワタシが留守のときと寝ているときはリビングのドアを閉めてブリ男を中に留めています。
在宅時は冷暖房をつけていてもドアを開放して、クローゼット部屋にでも浴室にでも自由にお行き~とさせています。今年はワタシの在宅時間がぐっと増えたので、ブリ男の自由度も上がりました。

でも、ほとんどリビングで過ごしていますね。
たまに洗面所の様子を見に行ったり、クローゼット部屋のキャビネットの上で昼寝したりしていますが、基本的にずっとリビングにいます。
浴槽に入って遊んだりするのかしら。洗濯機の下に入ったらイヤだなあ。なんていろいろ考えたのが全部空振り。ワタシの目の届く場所でぐーすか寝ています。

さすがに、リビングの外は怖いという意識はもうないみたいだけれど、ホームはリビングらしいですね。
ワタシが洗面所やクローゼットでごそごそしているとようやくブリ男もやってきて、「俺も参加するぜ!」なんて顔をしてあちこちを覗いています。怖くはないけれど、デカい生き物がいた方が安心みたい。可愛いヤツめ。

 

と、あのやぐいフェンスにすっかり満足していたのですが、ブリ男の野望は消えていなかったようです。

少し前から、ワタシが掃除機やフローリングモップを持ち出して掃除を始めると、ブリ男もやってくるようになりました。

ダイソン
参考:【ダイソン V8 Slim】コードレス掃除機で猫の毛の掃除も完璧!?

あらー、ブリさんはダイソン怖くないのー。勇敢ですねー。
なんて目を細めていたのですが、アイツの目的はダイソンやモップではなく、ワタシが掃除のためにフェンスを動かすタイミングを伺っていた様子。

いつも洗面所から掃除をスタートさせ、そこから玄関周り→廊下→クローゼット部屋→トイレ→キッチン→ベッド周り→ソファ・テレビ周辺→ダイニングというルートを辿ります。
ワタシがダイソンを持って洗面所に消えると、リビングでうとうとしていたブリ男がすっ飛んできて廊下で待ち構えている。
玄関周りを掃除するためにフェンスをどかすと「キター!」みたいな顔をしてウロウロし始めます。視線の先を見ると、フェンスの向こう側、三和土や物入を伺っている様子。
えーっ、あなた三和土への侵入を諦めてなかったの!? と、驚愕(大袈裟)しました。


参考:【入居1年web内覧会】玄関周りの収納とオプションのアレはどうなった?

おかげで三和土に掃除機をかけるとき(三和土やベランダ用のヘッドがあるのです)、ブリ男が突進してこないかと緊張するようになりました…。

玄関横の物入にはゴミ箱を置いています。


参考:ゴミ箱置き場を確保!

なので日に何度かワタシはフェンスを潜り抜けています。
そのタイミングではフェンスを1枚動かすだけだし、突破には弱いと思っているようでブリ男はやって来ません。3枚ともごそっと移動させて開放的になる掃除のタイミングに勝算あり! と狙っているようです。
ブリさん、意外と(失礼)賢いわね…。こういうところに知恵が回るのは狩猟動物だなあってカンジ。

残念ながら三和土は常にびっちりキレイにしているわけではないので、ブリ男を侵入させることはできません。
アイツ、一度侵入した場所は己の領土と決め込んで、クローゼットの中にも当然のような顔して入るからな…。三和土への侵略は許しませんよ。

突破しようとしたらデカい生き物にシャンプーシートでゴシゴシされて、あの場所はヤバい! ということをそろそろ思い知らせてやらねばなりませんな。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “虎視眈々と領土拡大を狙う猫”

  1. りんむさんとブリさんの攻防に思わず笑ってしまいました。ブリさん、賢い!
    我が家は在宅時は玄関もフリーにしているので、完全に姫の領土になっています。
    とは言え玄関にはあまり興味がないようなので油断していたのですが、この前スニーカーのかかと部分がボロボロになっていて、よく見たら姫の噛み跡が!やられました…
    今さらフェンスを立てるわけにもいかず、靴の収納に頭を悩ませています。

    1. sakikoサマ
      落ち着いて玄関の掃除が出来ないから笑いごとじゃないです。でもワタシも笑ってしまいます。

      お姫様、スニーカーがじがじしちゃいましたか…。
      一度侵略した領土は絶対我が物だと思っているから、後追いで柵を立ててもホント無駄になりますよね…。
      毛まみれの服を見る度に「なぜクローゼット内への侵略を許してしまったのか…」とほんのり後悔しています笑

  2. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    虎視眈々と狙ってたんですよ (≧m≦)
    猫って、音に敏感と言うのか?凄い音がしたらピョーンと飛び上がって逃げます。メチャ可愛いんですけどね♡
    だけど猫の癖にジャンプ力が全く無いと言う…フェンス設置してますが未だ突破した事無いです。
    ほんの70センチ程度ですが、開けろと念じてる事はあるんですがね…手も掛けない飛び付かない…猫とあろうものなら一っ飛びな高さなんですよね。

    ウチは玄関、勝手口の三和土は夏の間座ってました。石なので気持ちよかったのでしょう。掃除箇所が増えましたけど ( ; ; )
    外の雰囲気味わえるから大のお気に入り。
    ただ脱走の危険が怖いので充分気を付けないと…夜限定です。

    やぐい…初めて聞きましたよ(≧m≦)
    大阪なら、しょぼっ!かな?
    方言は面白いね〜近畿圏、中京圏は隣同士なんですけどね

    1. まだむサマ
      諦めました~って顔していたのに、実は狙っていたとか、油断なりません笑
      ブリショはジャンプ下手なんですかね。ブリ男も70センチもあれば余裕で抑止力になると思います。カーテンレールとか冷蔵庫とかに登る猫なんてホントに存在するんだろうか…、いやコイツが猫じゃないのか…と日々思います笑

      三和土の掃除をきっちり出来る方を尊敬します…。愛するブリさんのためとはいえ、そこまでやれず…。
      一緒のベッドで寝るから土足エリアで汚れてほしくないってのが大きいですね。三和土に入る度にシャンプーさせてくれればいいけれど、それくらいなら三和土の掃除の方がラクですね笑

      「やぐい」は便利な言葉なんですよ!
      しょぼい的なカンジですが、造りが粗末とかテキトーとかそんなときに使います。棚がグラグラするのは「頼りないねえ」じゃなくて「やぐいねえ」が一番しっくり。
      てっきり大阪辺りなら通用する言葉かと思っていました。関ケ原の壁は厚いですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です