ブーティを買いに出かけたら全然見つからなかった、2021年秋。

近年、秋冬の通勤靴はブーティが定番です。

boots

若い頃はミニスカートにロングブーツなんて格好で仕事をする日もありましたが、さすがにこの歳になると可愛さよりも快適性重視にシフト。
防寒のためにスカートよりパンツが多くなり、パンツ+ロングブーツ・ミドルブーツというのが定番スタイルでした。
それが最近は、靴がぐっと短くなってブーティの出番が多かったのです。

ブーティだと何がラクって、足首が固定されないことです。

ワタシは座りっぱなしのデスクワークなので脚がむくみがち。それを少しでも和らげようと、机の下では足首を回したりふくらはぎを動かしたりとお行儀の悪いことをやっています。
それをやるには長めブーツよりもブーティの方がラクだ。というのに気づいて以来、出勤するときはブーティを愛用しています。

以前は、ブーティは苦手なアイテムでした。

ワタシはふくらはぎが太い上に形が悪く、スカートを着るときは靴を慎重に選ばないと脚が太く短く見えるのです。
最もマシなのは、甲浅のパンプス。甲と膝下が一体化して見えて、ふくらはぎの形を誤魔化してくれます。
まあまあマシなのはロングブーツとミドルブーツ。ふくらはぎをすっぽり隠してしまうか、せめて形の悪さを隠せる程度の長さならまだ見られる脚になります。
最悪なのは、ブーティ。足首でパツンと視線をブッた切ると、ふくらはぎを強調してしまい悲惨な結果に陥ります。
そんなわけでブーティは手を出してはいけないアイテムでした。

しかしパンツ率が上がると話は別。
脚の形の悪さはパンツで誤魔化してしまうので、足首でパツンと切るブーティでもあまり問題はないのです。

ロングブーツに慣れた後だと、ブーティでは寒いかな。
という心配はありましたが、積雪のほとんどない名古屋だとそこまで深刻でもないですね。
職場だとどうせ膝掛けを使うし、通勤にはロングのダウンコートを着てしまうし、タイツを履けばまあ何とかというカンジ。寒波が来たらさすがにロングブーツじゃないとツラいですが、日常的にはブーティでも死ぬほどでもないです。

 

ここしばらく愛用していたのは、アシックスウォーキングのブーティでした。

何がいいって、吸湿発熱素材+遠赤外線発熱素材で温かいんですよ!
これのおかげで「真冬にブーティでもいいじゃん」と思えたのかもしれません。

靴底が滑りにくく、ヒールが5センチあっても歩きやすく、大変気に入っていました。

しかし、ヘビーユースしているので踵や爪先がボロッとしてきます。
いつもなら修理しながら履き続けるところですが、今回は買い替えることにしました。
なぜかというと、長時間歩き回っていると疲れるんですよね。通勤くらいならいいんだけど、旅行とかで丸一日ガツガツ歩いていると腰が痛い。
分厚い靴下を履くことを想定してちょっと大きめサイズを選んでしまったので、靴の中で足が動いて負担が大きくなってしまったようです。これでヒールがもうちょっと低くて、もう少し太かったらまだマシだったかもしれませんが。

そんなわけで昨年のシーズン終わり頃からこの秋に買い替えるつもりでいたので、秋が深まったところで意気揚々とブーティを買いに行きました。

が、ブーティがない!

今シーズンのファッション誌を見たときからちょっと不安ではありました。今年はなぜかショートブーツ推しで、珍しくロングブーツもまあまああるけど、ブーティは誌面にあまりなかったんですよね。
それがデパートの靴売り場にも如実に反映されていて、山ほどショートブーツが並んでいる中にブーティはちょっとあるかな…くらい。そしてどれもヒールが細くて高い。
わかります。わかりますよ。ブーティの甲の存在感とバランスを取るためには、ヒールは細くて高い方がいいということは。
でもワタシが求めているのはローヒールのガツガツ歩けるブーティなのよ…!

アシックスウォーキングならあるに違いない。
と期待していたら、あるにはあるのですがワタシが履いている、ちょっと疲れるタイプの形しかなくて断念しました。

ここまでないものか…と茫然としながらデパートをハシゴしましたが、どの売り場も似たようなものでした。
仕方ないので地下街や路面店も行脚することに。その中で店員さんに「今年はブーティが見つからなくて…」と愚痴ったら、店員さんも「自分も○越さんとか見たらショートブーツばかりでビックリしました」と言っていたので、ワタシの探し方が悪いわけではなかったようです。
そしてその店員さんが勧めてくれた靴も、「こんなに足首を固定するなら、もはやショートブーツでは」「これはただの甲深パンプスでは」という代物で、ブーティは店頭にはないようでした。

流行っているならショートブーツでいいじゃない。

と思われるかもしれませんが、ショートブーツはパンツの裾がもたもたするので好かんのですよ。
スカートに合わせるには可愛いだろうけど、ワタシがそれをやると例の「ふくらはぎの形が悪い問題」に直面するのでできない。
なのでショートブーツは要らんのですよ…。

結局買ったのはランダのブーティというかショートブーツ。

ぺたんこヒールなのでカジュアルな雰囲気ですが歩きやすさを優先。晴雨兼用なので実用的ですね。
アシックスウォーキングと違って温か機能があるわけではないから、真冬に「これでは寒い!」となるかもしれませんが、そしたら来シーズンどうするか考えます。

 

あとは今年は、スノーブーツ的なガチな防寒ブーツも買いたいです。

こういうのは冬にヨーロッパへ旅行に行ったついでに買うモノだったので、日本で買うのは癪に障るのですが、雪が積もったときに歩ける靴がないので買わざるを得ない…。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “ブーティを買いに出かけたら全然見つからなかった、2021年秋。”

  1. 昨年は暖冬でしたが、今年はどうなるやら。
    名古屋の冬でもやはりブーツは必要ですよね。
    私も三越でサイドゴアのショートブーツを買いました。
    これは昨年から次回はサイドゴア!と決めていたので、初志貫徹ですが、サイドゴアだけでも綺麗めかカジュアルかで随分印象が違うなって感じでした。
    当初、というか好むものが綺麗め系なので、ブーティ寄りのデザインを狙っていましたが、コロナ禍で夜の約束がない私の通勤スタイルは全身カジュアル…
    で、アニエス・ベーの無骨なデザインが目に止まりました。
    が、悲しいかな私のサイズは完売。
    なので、結局綺麗め系のマーガレットハウエルに。
    サイドファスナーで似たタイプを既に持っていますが、見比べるとサイドゴアはカジュアル感がありますね。
    これに80デニールタイツです冬を乗り越えようと思っています。

    1. yumiサマ
      サイドゴア、今年は種類が豊富で選び甲斐がありますね。
      ブーティも流行りの年に買うにはさほど苦労しないけど、今年みたいにアウトな年だとこんなにないんだーと愕然としました。
      ブーツは嵩張るくせにカジュアル路線もエレガント系も欲しいから場所塞ぎですね~。でも見ちゃうと買っちゃう。
      ショートブーツは似合わないとわかっているのに、目に入るのがとにかくショートブーツなので「ひとつくらいあっても…」と邪念が湧いて困りました笑

      今年は白系のショートブーツが多くありませんでしたか?
      こんなのすぐ汚れちゃう! と、オシャレよりもラクちんさを優先してしまうおばちゃんはドキドキしました。

  2. 本当にブーティ…難しい( ; ; )
    いやいや、ブーティが悪いんじゃ無く、私の足が悪いのですよ。
    太くて短く、ふくらはぎは立派に育ってパンパンですからね。
    昨今の流行りの服は丈の長いスカート、パンツ系も太くショート丈?そうなるとロングブーツは無いですよね。

    昔、昔は8センチピンヒールでも苦にも無かったかど、もう無理!
    でもフーディのペタンコはオサレですが立派な横張りふくらはぎの持ち主には無理です笑笑

    もっぱら車移動がメインなので、それこそノースフェイスのモコモコショートブーツを愛用中
    暖かくて辞められない。
    フーディ…年に数度、寒い時期オサレな場所にお出かけする時履きますが。苦痛です。寒いしヒールが辛いし。

    1. まだむサマ
      ブーティは悪くない…悪いのはワタシの脚…。その通り過ぎて笑ってしまいました。
      しっかり張ったふくらはぎだと、ブーティはどうにもバランス取れないですね…。

      昔は8センチピンヒールで出社して、会議の合間に走り回っていた記憶がありますが、今は絶対無理ですね…。夕方に腰が痛くて死ぬ。
      8センチヒールは食事だけ観劇だけのお出掛けアイテムになってしまいました。コロナ以降はその機会もすっかり減って、箱の中でフェラガモが泣いてます。
      車移動だとモコモコショートブーツがベストですよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です