亀屋良長のスライスようかんで手軽に小倉トーストを

今回、京都で買い込んだモノのうち、お気に入りになったのが亀屋良長スライスようかんです。

スライスようかん

羊羹を薄いシート状にすることで、新しいかたちの和菓子になりました。
丹波大納言小豆の粒あん羊羹に、沖縄の塩を効かせたバター羊羹とケシの実をトッピングしています。
トーストにのせて焼くだけで、ご自宅で手軽に”小倉バタートースト”がお召し上がりいただけます。
亀屋良長オンラインショップ

老舗店が作った新しい商品ということであちこちの雑誌などに紹介されていて、気になっていたのです。

この日は祇園をウロウロしていたので本店まで行けばよかったのですが、何しろ暑いので烏丸の向こうに行くのもしんどい!
一部百貨店でスライスようかんの取り扱いがあるというので、河原町の高島屋へ行ってきました。

地下1階の亀屋良長にはお上品な生菓子等しかなかったので訊いてみたら、銘菓百選の方に置いてあるとのこと。
早々に売り切れてしまう日も珍しくないようで、この日も残り10パックもありませんでした。そしてお土産用にほぼ買い占めてしまいました。すみません。

食パンの上に乗せてグリルで焼くこと数分(ウチにはトースターがないのです)。

スライスようかん

うーん、もう1分焼いてもっととろとろにしてもよかったかも。

餡子とバターのいい香りが広がって幸せです。ケシの実がいい仕事をしていて、ちょうどいいアクセントに。餡子は結構甘めです。
問題は、ようかんがとろけるほどに熱々にするので、真夏の朝食としてはかなりアツい食べ物だということ。冬に京都に行ったらもう一度買ってみたいものです。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

2 thoughts on “亀屋良長のスライスようかんで手軽に小倉トーストを”

  1. ちわ~v( ̄∇ ̄)v

    (ΦωΦ)フフフ…もう。さすが筋金入り完璧な名古屋人ですね〜!
    甘党には、堪らないようで…私には、理解不能…(≧m≦)ぷっ!
    食パンは、厚めの4枚切りに高級?バターをたっぷりと…これが最高!(^^)ニコ

    先日、スーパーで「コメダ珈琲の餡子」なる物が売ってました!餡バターはもう、世間の常識になって来たんですね!

    オーブントースターが無い?
    確かに魚焼きグリルで焼く方が美味しいと聞きます…
    が、魚焼くのとトースト…臭いが気になるわぁ

    1. まだむサマ
      餡子とバターのコンビは至高ですよ…!!
      そして飲み物は牛乳です笑

      魚焼きグリルは、加熱後に庫内に放置すると水分がパンに戻って臭くなるらしいですが、アチアチをすぐ取り出すと別に気にならないですよ〜。
      レンジで焼くと時間がかかるのがネックで、ずっとグリルでやっています。
      今の部屋ならトースターを置く場所はあるので買えばいいのですが、20年ナシで過ごしてきたので今更…な感じで買えずにいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です