[新型コロナウイルス]緊急事態宣言解除を受けて新しい生活へ

緊急事態宣言が解除されてしまって、非常に淋しい思いをしています。

在宅勤務生活、楽しかったなあ……。
参考:[Stay Home]在宅勤務のメリット・デメリット

pc

今はPCがあれば何とでもなるような仕事をしているので、どうにもならない会議やら何やらがない限り家で仕事していても何ら支障はありません。強いて言えば「職場にある大きなディスプレイが恋しいぜ」と思うくらいでしょうか。
同じフロアで働いている人とわざわざメールなりweb通話なりでやり取りしなきゃいけないのは確かに非効率ですが、他社やよその部署の人とは日頃から顔を合わせずメールや電話が中心なので違和感はなし。
在宅勤務者同士、業務の相談ついでに「このままでもいいですよね~」などと喋っていました。

しかし勤務先は旧態依然とした会社だから「職場の人間と顔を合わせてなんぼ」と週5日出勤体制にさっさと戻しそうな気がします。
どうせ6月半ばにはまた感染者が増えるだろうから、下手にあれこれ変えずに今の在宅勤務体制を継続すればいいのにな。

 

在宅勤務の何がいいって、自宅で家事をしながら仕事ができるところです。

コーヒーを淹れるついでに食洗機の中を片づけたり。
トイレに立ったついでに乾いた洗濯物を収納したり。
昼が近づいたら炊飯のスイッチを入れて、宅配便が来たら受け取って。

この手の5分もかからないような細かい家事は、仕事から帰って疲れているところに一気に全部片づけようとすると面倒くさいですが、仕事の合間に息抜きがてらちょこちょこ処置すると何てことないですね。
職場にいたら煮詰まったときの息抜きは「遠い場所のトイレに行って、帰りに自販機でコーヒーを買う」みたいなことが関の山ですが、在宅勤務なら「ブリ男の爪とぎにコロコロをかける」なんてことが可能です。

通勤時間がゼロなので、当然時間の余裕もあります。
平日に朝晩掃除機をかけたりシーツを洗濯したり換気扇を掃除したりなんて今まで無理だったのが、在宅勤務生活だと出来てしまう。
しかも、夜まったりと読書する余裕まである。
休日じゃないと片づけられない家事なんて、ベランダや窓掃除くらいじゃなかろうか。これも工夫とヤル気(これが最も問題)次第ではイケそうな気がします。

在宅勤務って仕事の生産性は落ちるのかもしれませんが、ワタシの生活のクオリティは格段に向上しました。
というか不急の仕事がないときでも8時間拘束される働き方っておかしいんじゃないの、くらいに思います。

そういえば、若い頃ハチャメチャに忙しいけれど時間的拘束がほとんどない仕事をしていたときは、すごく生活がしやすかったのを思い出しました。
忙し過ぎて自炊は出来なかったし掃除もいい加減だったし暮らしの質は決してよくなかったけれど、外回りの合間に自分の用事で銀行に寄ったり曜日に関係なく休みを取ったりとかがしやすかったんですよね(その分土日にも容赦なく仕事が入っていたということだけど…)。
転職して平日の朝から夕方まで拘束される仕事をやってみたら、身体的にはラクでしたが「なんて不自由なんだ」と愕然としたものです。
今回も週5出勤に戻ったら「なんて不自由なんだ」とストレスを感じるんだろうなあ…。

 

さて、新型コロナウイルス騒動が拡大していた2~3月、ワタシは「いつでもロックダウン来いや!」とばかりに準備を進めていました。

結局、日本では海外並みに都市封鎖できるハズもなく、食料品や日用品の流通・販売は一部を除いていつも通りで、ちょっと気張り過ぎたかなーと拍子抜けしています。
参考:[新型コロナウイルス]都市封鎖来るか? 食糧備蓄を粛々と進める!

春先、パウチ詰めのカット野菜を買うときに賞味期限を見て「5月が期限かー。その頃にはどうなっちゃってるのかな」と暗澹たる気持ちになっていました。
ワタシの妄想では、スーパーの棚からモノが消えて生活必需品を買うのに大行列し、仕方なくこのカット野菜を細々と食べる…というロックダウン生活だったのですが、何のことはない必要な生鮮食品は手に入るのでカット野菜や冷凍野菜は手つかず。
「そろそろ食べておかねば…」と、最近はカット野菜の消費に励んでいます。

これがあんまり美味しくないんですよねー…。
筍の水煮みたいに自宅で処理しようと思うととんでもない手間になるモノは美味しい美味しくない以前にありがたみしか感じませんが、肉じゃが・カレー用の根菜カットとかは食感がイマイチ過ぎるし味もアレなカンジ。
今後も常備するかというと、ちょっと疑問符が残ります。

自宅に引きこもるなら楽しみも欲しいじゃない。と、初めて買ったスパム缶はまだ開けていません。

フルーツが恋しくなるかなーと買った冷凍ベリーも未開封。
イチゴもオレンジもバナナも買えたからなあ。

ちょっと多めに買っておいたレトルトのカレーやパスタソースも出番なしです。
なぜこんなにウチにはカレーがあるんだろう…と、パントリーの扉を開ける度に呆然とします。

ま、新鮮な食品を入手できる状況が続いたということでよかったじゃないの。
今後もまだ感染拡大の可能性はあるわけですし、引き続き3週間程度引きこもれるような量のストックを心がけようと思います。

 

日用品の備蓄用に空けた収納スペースですが。

収納
参考:収納スペースの棚板を増やして、備蓄強化に取り組む!?

まだ消毒用エタノールは入手しづらいので空けたまま。
そろそろマスクは買えるようになったことですし、秋冬になる前にマスクもある程度買っておかなきゃですね。

お店によっては入店時にマスク必須になってしまっているし、今後はマスクはハンカチ並みに必須アイテムになるんでしょうねえ。
30枚入りの箱を数年かけて使っていたくらいマスクをしていなかった人間にはツラい時代だ…。

 

入店にマスク必須と言われても、やはりお店が営業しているというのは楽しいものです。
休日、気ままにデパートを歩き回って買い物して、疲れたらレストランやカフェで休憩して、というのを普通に楽しめるのはありがたいものだとしみじみ思いました。

5月に入って日差しが強くなり、久しぶりに日傘を出してみたら壊れていて「そういえば去年壊れたから、来シーズン買おうと思っていたんだ!」と思い出し、でもデパートが開いてないから買えず、というのはやはりちょびっと淋しくて不便です。
amazonでテキトーにポチれば済むモノならいいんだけど、傘はねー。重さとか作りとか自分の目と手で確かめて買いたいしさ。
参考:梅雨入りの前に…というわけでもないけど、傘を買った。

いつでも何でも出来るし手に入る。
というのは幻想だったということに、多くの人が気づかされた今回の騒動。
毎日の生活がありがたいものだと感謝しつつ、次の感染拡大がないように引き続き予防と体力増強に努めていきたいものです。

 

それにしても、ブリ男はまたお留守番生活に戻れるのかなあ…。
デカい生き物の最大の心配です。

この投稿をInstagramで見る

可愛いモフモフさん。 #ブリティッシュショートヘア

りんむじんづ(@lingmujingzicom)がシェアした投稿 –

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “[新型コロナウイルス]緊急事態宣言解除を受けて新しい生活へ”

  1. 在宅勤務は化粧しなくてよくて、服に悩まなくてよくて、いつでも宅配便が受け取れて、出かけないからマスクしなくてよくて、最高ですよね〜
    うちの会社(大阪市)は早々に通常出勤OK!と言われて、何言ってんの?って思いました。笑
    早速北九州で第2波が?!出ているようなので、もうしばらく在宅勤務を推進してほしいものです…
    久しぶりに会社に行ってものすごく仕事が捗ったのは否定できませんが。笑

    1. ろぎサマ
      ホント、ずっと家にいるとこんなに服が要らないんだ! と衝撃を受けました。春になってからジャケットなんて一度も着ていないです…。
      化粧もたまにしかしなくなったから肌の調子もいいし、在宅勤務さまさまです。

      いきなり通常出勤に切り替えるのはちょっと怖いですよね〜。
      まずは三割から…様子を見て五割に…と、段階的にやってほしい。
      北九州みたいにずっと感染者が出ていなかったのに突然増えるのを見ると、やっぱりまだ人の移動は少ないに越したことないですもんね。

      出社するとやはり捗りますか〜笑 うーん、ワタシも最近ヒマでダラダラ仕事していたからそう思うような気がします…。

  2. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    何となく…日常が戻った様な?違う様な?
    完全に元に戻るのはワクチン、薬が出来るまで無理なんでしょうね…
    ガッツリ自宅勤務が長引くと、元に戻すのが大変でしょうね〜(≧m≦)

    今度の騒動で如何に無駄な事か多かったのか?よく分かった気がしますね。
    私の場合は在宅ワークは無理です。まぁ仕事が減ったのは、お気楽な立場なので問題なく、反対にゆっくり出来て嬉しく思ってます。もうこのままでもオケです。

    外食、旅行は未だ怖いかな?と思いつつ。少し行動範囲を広げたりしてます。
    経済回すのに少しは役に立つかな?

    海外の様な厳しい政策も無く、お願いで此処まで来た我が日本…凄いなぁと。
    流通も、粉物が…パスタが…少し手に入り難い時期もあったけど大した問題でも無く。
    我が村は未だアベノマスクも来ない。必要もないけどね。
    この冬に来るであろう流行に備えて備蓄の一つにと。

    先日、ドクター、薬剤師さんと話する機会があったのですが。
    欧州の様な事は日本では起こり難いかも…
    勿論、マスク、手洗いは当たり前ですが。
    やはり三密を気を付けて!と。

    コロナもですが,最近地震も多いし。
    備蓄は、衛生用品も十分しといた方が良いかもですね。
    食品はレトルト、缶詰とか。
    お猫様の備蓄も…避難所には行けないですからね

    1. まだむサマ
      もう週5出勤には戻れないような気がしますね〜。
      まだこれと言った決定的な対策(薬とか)がないわけですし、半分くらいは在宅・半分くらいは出社という日々になりそうです。リハビリとしてはちょうどいい…。
      業績悪化はリーマンショックのときの比ではないので、在宅勤務どころか「二度と出社しなくていい」と言われる日も来るかもしれませんが笑、そのときはそのときで考えます。

      半年近く経ってみたら、アジアでの被害はさほど・欧米は酷いというのがハッキリしましたね。
      研究機関にはぜひ要因を探ってほしいところですが、WHOがアレだからどうなんかなー。
      幸い今シーズンはマスクとアルコールには難儀しましたが(粉物は普段から買わないので問題なし笑)それ以外は特に不自由なく生活できて、本当にラッキーでした。引き続き手洗いや密に気をつけて、次の冬も無事に乗り切りたいですね。
      アベノマスクは、なぜか名古屋は早く届きましたが…今となっては布マスクも市民権を得て可愛いのがバンバン売られているし、出番はない気がします。
      子どもにはちょうどいいサイズだよなーと思ってお子さんがいる家庭に「要る?」と訊いたら「要らない」と言われました笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です