手洗いと手荒れとハンドクリームと

このご時世ですからね、手を洗いまくっている方が多いのではないでしょうか。

かくいうワタシも、さすがに毎回「ハッピーバースデー2回分」の時間をかけてはいないのですが、今まで流水だけで済ませていた場面でも石鹸で洗うようにしました。
職場に着いたら石鹸で手洗い。トイレに行く度に石鹸で手洗い。食事やおやつの前にも石鹸で手洗い。
なんか、常に手からアルボース石鹸液の匂いがしています(職場で使っているから)。

そういや子どもの頃も手はアルボース石鹸液の匂いがしていたなあ(学校で使っていたから)。てことに気づくってことは、子どもの頃の方が頻繁に石鹸で手洗いをしていたってことですね。ま、砂場だの絵具だの手が汚れる機会も多かったわけですが。

さて、過剰な手洗いやアルコール消毒は手荒れの元。
手荒れの傷から感染症を起こしたら元も子もないのでハンドケアが必要。なんて言われますが。

なんか最近、ワタシ以前より手が荒れていないんですよね…。

ちょっと前まで指の先とか多少ガサついていたのに、今はしっとりして、スーパーのビニール袋を開けるのにさほど苦労しません。

えー、なんでだろう。
外では洗えるときは洗っているし、店に入る前はアルコール消毒液をプシュプシュしているし、家にいるときはブリ男の皿洗いだのトイレ掃除の後の手洗いだの頻繁に洗剤や石鹸に触っているのに。しかもお湯で洗っているのに。

と最初はわからなかったのですが、そういえば最近キッチン掃除をアルコール度低めの消毒液でやっていることを思い出しました。

掃除に愛用していたのは健栄製薬の消毒用エタノール

一応あと1本買い置きはありますが、梅雨時など食中毒の怖い季節に使おうかと温存してあります。
んで今はどうしているかというと、濃度60パーセント未満のぬるい消毒液を使っています。ツンッとくるアルコール臭と揮発度合いが物足らないのですが、ないよりマシかと我慢しています。

そして元々荒れ知らずの頑丈な手なものですから、エタノールを使って掃除するときは素手でやっていました。
一応手指の消毒に使っていいモノらしいですが、過度の使用では脱脂などを起こすとのこと。キッチンを使う度にエタノールを使っていたらそりゃ指がガサつくはずだよなあ、歳のせいかと思っていたよ。最近は濃度が低い消毒液を使っているから指のガサつきがないわけね、とようやく合点がいったのです。

というわけで、手洗いの頻度が高まっているのに手荒れが落ち着いたという妙なことになっていました。

そんな頑丈な手なので、ハンドクリームなるものがウチにはありません。

ハンドクリームって誰でも使うから旅行のバラまき土産にピッタリ☆
というイメージですが、ワタシは頂くと「消費し切れるかな?」と心配してしまう。そして大抵は使い切れずに終わります。
特にブリ男が来てからは、ブリ男がワタシの手を舐めまくるものですから下手なモノを手に塗れません。

とはいえ頑丈なのは手指だけで、スネだの肘だのは歳相応にガサガサになりますから、一応ニベアの小さな缶は常備しています。

子どもの頃、家には必ずニベアの缶が置いてありました。冬の風呂上り、水を弾きまくる子どもの肌には不要だと思うのですが、母が手入れをするときに一緒に手に塗ってもらってウフフとなったものです。
久しぶりにニベア缶を買ったとき、そんな記憶が甦ってノスタルジックな気分になりました。

そうそう。最近キッチンや洗面所の石鹸を牛乳石鹸にしました。

特にこだわりがあるわけではなく、頻繁にわしわし洗うなら安い石鹸でたっぷり洗えるのがよかろうと、自宅の石鹸の在庫が切れたのを機に購入。
これも子どもの頃実家で使っていた石鹸なので、ふわーんと漂う柔らかい匂いに懐かしくなりました。ブリ男は「何この匂い」と熱心に嗅いでいましたが。

 

アルボースだの牛乳石鹸だの手洗いの記憶というのは案外深く刻まれているものですね。
現代のお子さん達にも、手洗いが幸せな記憶と習慣になりますように。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “手洗いと手荒れとハンドクリームと”

  1. 「現代のお子さん達にも、手洗いが幸せな記憶と習慣になりますように」
    の優しい響きに癒されました。
    こんな素敵なコメント書けるなんてー!

    私、去年行った手術の影響でホルモンバランスを乱しておりまして、そのせいか秋口くらいから手荒れが酷かったんですよね
    で、ウチブログのTSUNさんに教えていただいたジェームズマーティンのハンドソープで納まりました。
    容器もシンプルでおしゃれだし、お気に入りです♪

    洗い物をする時、食洗機も無いし手袋して洗うのが嫌いなので余計に手荒れが酷かったんですよね。
    おっしゃる通り、手荒れの傷から感染症を起こすのも怖いですし、病気の後遺症的にも肌荒れは良くないので、いろいろ気を付けたいところです。
    敵はコロナだけでは無いですな!

    私もいつか今使ってるハンドソープや石鹸の匂いが良い思い出になるといいなー。

    1. ひまわりサマ
      ホルモンバランスが乱れるのはツラいですよね…。
      でも手術がこのコロナ騒ぎのときじゃなくてよかったです。今は病院には出来るだけ行きたくないですもんね。

      ジェームズマーティン、いいですよね!
      自分で買ったことはないですが笑、プレゼントされるとパッケージが可愛くてテンション上がります。

      同じく手袋して食器洗いはどうも苦手です。自分の指でキュキュッとしたのを確認しないと落ち着かないというか…。
      食洗機は手荒れにお悩みの方には必須家電ですね。
      早く「あのときはマスクやアルコールがなかったよね〜」なんて今の状況が思い出話になる日が来るといいのですが。

  2. りんむさん、こんにちは!

    私の子供の頃の記憶は石鹸そのものに結びついています。石鹸好きで、やたらに親に石鹸買ってとねだる子供でした^_^。牛乳石鹸、懐かしい!

    石鹸好きは大人になってからも続き、公言するとお土産で買ってきてもらえたりするのでストックはあるのですが、日々の手洗いにはドラッグストア等で買える安価なハンドソープを使っています。よって石鹸ストックはあまり減らない。衛生用品というより貴重品として見ているところがあるのかもしれません。海外のお土産石鹸なんて、本当に当分は貴重品かも…。

    1. ICORサマ
      牛乳石鹸、懐かしいですよね!
      この匂いこの匂い、なんてほっこりしながら手を洗っています。

      海外のお土産石鹸とか、使えないのわかります〜。
      下着と一緒に保管したり、可愛いのは飾ったりして、なかなか使えないですよね。
      今は誰も海外旅行に行けないし、当分気軽に入手はできないですね…。
      早くこの騒ぎが終わってくれますように。

  3. ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう

    ただでさえ、加齢ゆえ肌が乾燥するのに今まで以上の手洗いでボロボロ、ガサガサです。(/_<) ナケルネェ

    ♪牛乳石鹸良い石鹸…何となくこんな曲が流れましたね…知らんか?(ΦωΦ)フフフ…
    確かに石鹸と言えば牛乳石鹸でしたね。
    しかし赤箱、青箱の違いもわからず。
    昔は何かと、手土産、お礼と商品が飛び交ってたご時世。1番安い石鹸はたくさんありましたね。
    中でも、ホネケーキって半透明で赤、青の石鹸を使いたくて…せっせと牛乳石鹸使いまくった記憶があります。
    それでも手が荒れた事無かったのは若さかなぁ?

    我が家もハンドクリームといえば、ニベア青缶です!
    今もチューブタイプはバックに忍ばせてます。
    最近の異常な手荒れはニベアでは追い付かないので…ワセリン…
    可愛く無いけど…1番効果的です

    1. まだむサマ
      「牛乳石鹸、良い石鹸♪」わかりますよ!
      今でも石鹸を使う度に歌っています笑
      最近は牛乳石鹸も人気があるみたいで、赤箱の方が保湿力が高いとか箱に説明書きがありました。

      確かに昔は石鹸だの洗剤だの頂く機会が多かったような気がします。
      ホネケーキは知らなかったです。資生堂の石鹸なんですね。
      このビジュアル、確かに少女にはたまらんかもしれません。

      ワセリン、最強ですよね~。
      リップクリームすら要らなかった頃は、小さなワセリンのコンテナを買って、どの部位もそれで済ませていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です