食いしん坊を拗らせて「あつまれ どうぶつの森」で初通信!

秋の間はしばらく「あつまれ どうぶつの森」から遠ざかっていましたが、大型アップデートがあったのを機に再びちまちまプレイしています。
参考:「あつまれ どうぶつの森」をやり切ったつもりでいたら、何か色々変わっていた。

今回のアップデートの中でワタシが興奮した要素は料理!

タイを釣っても「美味しそー」と思うだけで即売り飛ばしていたのが、キッチンで料理できるようになったんですよ!
食いしん坊にはたまらん機能です。

どうぶつの森

しかし、この料理で悩まされることになりました。

「どうぶつの森」の世界では、何らかの手段でレシピカードを入手して食材を揃えれば料理が出来てしまいます。

魚は海や川で釣ればいい。
トマトだのニンジンだのといった野菜は、苗を買うか無人島から引っこ抜くかすればOK。

どうぶつの森
相変わらず夜のプレイなので暗い中畑仕事。

問題はフルーツです。
6種類あるフルーツの内、4種類はソロ活動でも入手可能だけど、残り2つは通信をしないとゲットできないという仕様なのです。
Switch購入以来、ずーっとぼっちでプレイしていたワタシにとって、未入手のリンゴとサクランボは幻の果実でした。

今までリンゴとサクランボがなくて困らなかったかというと、あまり困らなかったんですよ。
材料としてフルーツが必要なモノを作ろうとするときに困るけど、諦めれば済むだけですから。フルーツバスケットは欲しいけど、リンゴのラグとか要らないしな~、まあいいか。と割り切っていたのです。

ところが、料理となると話は別です。

フルーツスコーン、欲しい!
アップルパイ、要る!
チェリータルト、手に入れたい!

と、リンゴとサクランボを俄然欲しくなったのです。

しばらくトマトだのサトウキビだのをちまちま栽培しながら悶々としていたのですが、悶々としていてもゲットできるものでもない。
パンやケーキをズラッと並べてカフェを作りたいわあ。なんて妄想すると、リンゴとサクランボへの飢えが募る一方です。

というわけで、「どうぶつの森」プレイ1周年を機に(?)、初めて通信をすることにしました。

初めて通信するときは、7日間無料で試すことができます。
Nintendo Switch Online

このお試し期間でリンゴとサクランボが手に入らなければ1カ月延長しよう。
というつもりで手続きをし、無事にネットに繋がるのを確認してからTwitterのアカウントを作って「リンゴとサクランボを分けてください!」と呟いたのでした。

すると、ものの1分で「いいですよー」と答えてくれた救世主が!
Twitterすげー!
と、普段ブログのコメントでもSNSでも、のそのそとしか反応しないワタシはビビりながら感激しました。

恐る恐るやり取りしたところ、何かモノと交換ではなくベル(島の通貨)での支払いでOKとのこと。
ワタシはリアル世界でも「お金で解決できることはお金を払えばいい」と思ってしまうタチなので、すごく有難かったです。全然釣れない魚とか、入手困難な高額家具とか、面倒なモノと交換したいと言われたらどうしようかと思っちゃった。

通信初心者なので挙動不審だと思います…と伝えても「問題ないですよ~」とのこと。
しかもお互いプレイ中だったので「では今から」ということになり、早速空港で手続きをして遊びに行き、無事にリンゴとサクランボを売ってもらうことができたのでした。

こちらはいかにもフルーツゲットのための胡乱なTwitterアカウントだったのに、快く声をかけてもらって、マジで有難かったです。ネットの世界も温かいね!

というわけで、リンゴとサクランボの木を育てて。

どうぶつの森

無事にチェリーパイを作れましたよ!

どうぶつの森

このご恩は、いつかワタシもフルーツ難民を救って返そう。
…という殊勝なことは考えず、お試し期間が終わった後は再びソロ活動に戻ってしまいました。

これで通信の楽しさに目覚めたら続けたかもしれないけど、ぼっちでちまちまプレイするのが楽しい機能が追加されたんですもの。

何かというと、有料の追加コンテンツ、ハッピーホームパラダイスです。
このブログのコメントで「別荘が作れるよ」と教えてもらい、「うおおおお、それはやりたい!」と張り切って購入しました。

これがね、すごく楽しいんですよ…。時間がするすると溶けていく……。

ストーリー的には、島の狸親父の昔馴染み(何の動物なんだろう?)に紹介されて、離島で別荘のコーディネートの仕事をする、てなカンジです。
んで、部屋造りのスキルをアップしたり報酬を受け取って買い物したりするという。

以前、ジューンブライドのときに結婚式会場作りにハマり、夜毎ちまちまと式場を作っていました。

どうぶつの森
参考:「あつまれ どうぶつの森」を通してバーチャル最高と思い知る。

アレの別荘バージョンということで、庭もインテリアも作れちゃうというコンテンツ。

どうぶつの森

どうぶつの森

使える家具に限りはあれど、数は無制限に使えるし色の切り替えも超簡単。
在庫を気にしながら並べる本島事情とは別次元に遊べて、楽しいです。
「おお、我ながらいい部屋になったわー」とか「なんだかダサい庭になっちゃった…」とか一喜一憂しながら毎晩のように別荘を作っています。

どうぶつの森

どうぶつの森

どうぶつの森

なんか、この1年「どうぶつの森」をやり込んできたのは(途中サボっていたけど)このためだったのかも!
と思えるくらい楽しいです。
次の年末年始は別荘作りで溶ける予感…。

 

さて、本島の方も完全に放ったらかしというわけではなく、クリスマスに向けて可愛く飾ろうかな~なんて野望もあります。

といっても、作れるようになった料理を飾りたくて「ここにレストランを作ろうかな」「あっちにカフェを作ろうかな」と、クリスマスはどこ行ったという方向性の妄想をしています。

思い返すと1年前。
着の身着のままで化石を掘ったり魚釣りをして金策に走り回っていたあの頃。
作れる家具も買える小物も知れていて、クリスマスの飾りつけどころか「手に入ったモノはとりあえず並べとけ」という状態だったあの日々。

どうぶつの森

あの頃に比べると、オシャレな島には程遠くても、それなりに眺め甲斐もありつつ機能的な島になりました。
今の方が断然楽しいといえばそうなのですが、欲しいモノが手に入らない渇望感を抱えつつ、手持ちのモノで何とかしようと頭を使うのは、あれはあれで楽しいひとときだったな、なんてことも思います。
そしてようやく道を作ったり崖を崩したりできるようになったときの快感。
あれは今のワタシにはもう味わえない快感だな…、と思うと去年の自分がちょっと羨ましかったりして。

と、機能がアップしたカメラで島のあちこちを撮影しながらしみじみしたのでした。

どうぶつの森
カメラを向けるとどうぶつは微笑んだりして反応してくれるけど、喫茶店のマスターは無反応。
どうぶつの森
自宅の元子ども部屋を書斎に使っている的な部屋。
在宅ワーク環境がリアル世界よりイイ。

カメラの機能アップも、カメラ女子にはたまらんアップデートでした。

 

ところで。

アップデートで手に入るようになった埴輪ですが、どうすりゃいいんですかね…。
集めるほど好きでもないし、置いておくとうるさいし、どうしたものかと持て余しています。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

8 thoughts on “食いしん坊を拗らせて「あつまれ どうぶつの森」で初通信!”

  1. 私も昨年、一瞬だけ通信やったんですけど。
    同じ理由でしたwフルーツ揃えたいもんね。

    ハッピーホームパラダイスはヤバいですよ。
    ただ「いい別荘を作らなくては」というプレッシャーが大きすぎて、なかなか訪問する気になれずにいます。
    やり始めると止まらないんですけどねぇ。

    「別荘」っていうコンセプトがいいんですよね。
    本宅だと、キッチンが無いとーベッドが無いとー水回りがーとか気になってしまうんですけど、別荘だと振り切れる。
    自宅には絶対に使わないクロスとかも使ったりして、楽しいですよねー。

    1. ひまわりサマ
      そうなんですよ~、フルーツはね~、料理が出来るとなるとどうしても欲しくて…。
      せっかくなので夢見もちょっとやってみました。Twitterで画像を見るのと違って、人様の島を歩けて楽しかったです。でもそれだけのために通信費を払う気にはなれず笑

      ハッピーホームパラダイス、ヤバいですね…。すごい時間泥棒です。
      特に自分好みの子が面白そうなテーマを出してきたら、2階建てでゴリゴリ作り込んでます。
      お礼に床や壁をもらえると最近ようやく気づいて、作りたい部屋よりも自分が欲しい床壁を選ぶようになったりして、そこはちょっと反省笑
      そしてせっかく貰った壁紙も、本島の自宅だと家具が揃ってないから模様替えが面倒で活用しておらず笑

  2. 私も去年の春の引き篭もりで、あつ森始めて半年で見事にやり切ったぜ!と思い、その後、ゼルダの伝説、ファイナルファンタジーとRPGの世界に沈んでました 笑笑

    ある人に、あつ森アップデートして面白いよーと聞き付け、RPGにも疲れたので引っ張り出して始めてます 笑笑

    そうなんですよ!フルーツ!私は梨が出ないんですよ。河童ボート、飛行機に毎日乗って探しに行ってるんですが…手には在らない!前はそれでも気にしなかったんですが、料理コンテンツに…梨が無いと。
    そうか…オンラインですか…お試し体験版…今でもあるのかな?梨の為なら…笑笑

    別送出来る追加コンテンツ!気になってるんですか…凄くリアルですね。
    梨が手に入ったら…考えます 笑笑

    1. まだむサマ
      梨なら無人島でゲットできる系でしたから、いくらでもお譲りしますよ〜!
      オンラインお試し版は、ワタシも購入から1年経っても使えたから大丈夫だと思います。
      もし梨が欲しくなって通信する気になったら仰ってくださいね。1ヶ月だけ通信再開します笑

      別荘楽しいですよ…。
      やればやるほど使える家具が増えるので、本島では作れない部屋をゴリゴリ作ってます。
      家具が増え過ぎて一覧から探しづらく、目がしょぼしょぼするのが難点です!

  3. こんにちは。あつ森話題で釣られてきました!!

    そうですか、そうですか、別荘作りに邁進していますか。
    情報提供者(←でいいのか?)の私はと言いますと、11月半ばに移住ツアーから始めて心がポキポキ折れていますが、まだちまちまやっています。途中、胆石の手術で入院したので1週間ほどブランクありますが、現在土台をきちんと作ろうと、料理の解放もしていません。(料理を始めると、DIYレシピよりも料理のレシピばかり手に入るので)
    現在はまだ星4つで、まだまだ発展途上です。毎日針葉樹を揺すって、オーナメントを盗みまくっています。
    埴輪は全部で36種類(だと思う)あるので、平地に6×6のマス目をペイントして、コンプリート目指しています。

    ああ、早く追加コンテンツを始めたいです。

    1. カゴメのかーちゃんサマ
      まさにカゴメのかーちゃんサマに教えていただいて始めました!
      おかげさまで毎日のようにインテリアを楽しんでいます。

      手術大変でしたね。
      寒くなって健康体でもこたえるようになったので、くれぐれもご自愛ください。
      暖かい家に引きこもって島の開拓をしつつ、お身体の回復を!

      イチからの開拓は大変そうですが、ちょっと羨ましくもあります。
      レシピとお金と少々の家具を持って別の島を開拓できたらいいのになあ。
      別荘作りのおかげでそれがちょっと実現して、余計に熱心にリゾート地に通っちゃいます。

      埴輪、36種類ですか…。
      色違いもありますよねえ…。
      マスターにあげたら貰ってくれればいいのに…。

      1. 御見舞のお言葉、ありがとうございます。

        埴輪の色違いは単にリメイクできますよのアナウンスで(つまり自分で好きな色に作り直せますよってはなし)、別の種類にはなりません。コンプリートするにはある程度カッペイツアーに出かけるしかないです。私はいつも舟歌が始まるとBボタン連打しちゃいます。ダブりは売っちゃうか、住人にあげると喜ばれます。

        1. カゴメのかーちゃんサマ
          埴輪、リメイクで色変えられるんですね!!
          それなら気に入った形だけ残して住民に配っちゃおうかなあ。
          今は処置に困って岬に並べてあって、近くを通るとうるさくて困ってました。
          情報ありがとうございました!

          ワタシ、かっぺいの舟唄はしみじみ聴いちゃいますね。
          もしくはトイレタイムです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です