[猫の食習慣]ブリ男のゴハン、見直しました。

2018年もカメラが嫌いなブリ男さん。

猫

iPhoneを向けられていると気づくと微妙に視線を逸らします…。

 

この正月休みを機に、ブリ男へのゴハンの与え方を変えました。

以前は、平日は
朝:ウェットちょびっと+カリカリ30グラム
夕:ウェット40~50グラム
夜:カリカリ20グラム
という構成でした。

涼しくなってからブリ男が水を飲まなくなったので朝夕ウェットフードを与えたい。
でも朝は時間がないし、ウェット比率が高いと排便リズムが崩れる。
なので平日の朝は気休め程度の少々スープを食べさせていました。

これはホントに「気休め」で、もし昼間ブリ男がまったく水を飲んでいないのであればどう考えても水分摂取量が足りません。
泌尿器系の病気を防ぐためにもたっぷり水を飲ませた方がいいに決まっているよなあ…と悶々としていました。

そこへ血便再発騒ぎです。
参考:[悪夢再び]猫の血便、再発させてしまいました…。

ウンチを柔らかくするには繊維も運動も大事だけど、やっぱり水分も大事。
もっとしっかり水分を摂らせた方がいいんだろうなあ…とそれまでの食習慣を反省しました。

というわけで、この正月休みを機に朝夕ウェットフードに切り替えたのです。

もうねー、ブリ男の健康のためには「時間がない」とか言い訳はしてられませんよ…。

猫
↑わーい、美味しいのがいっぱい食べられるー。
と喜んでいるわけではなく、デカい生き物に遊んでほしいのです。

猫
↑遊んでもらえなくて、ぶーたれている。

 

さて、ブリ男の新しい食習慣はこんなカンジです。

朝:ウェット40~50グラム+カリカリ20グラム
夕:ウェット40~50グラム
晩:カリカリ20グラム

正確に言うと朝食は起き抜けと出勤前の2回制だし、夕食の後にもカリカリを要求されるし、夜食も2回に分けているし、こんなにスッキリやってはいません。
とはいえ一応「1日にウェットフード1缶とカリカリ40~45グラム程度」という線でやっています。

ウェットフードはモノによってカロリーに結構幅があって、100グラム88キロカロリーだったり100グラム50キロカロリーだったりします。
今のところブリ男には1日250キロカロリー前後を与えるようにしているので、その日のウェットのカロリーに応じてカリカリの量を決めています。

まだまだ育ち盛りのブリ男さん、ウェットを増やすと必然的にカリカリの量が減るというのも引っかかっていました。
栄養バランスとしては「水とカリカリさえあれば生きていける!」というコンセプトで作られたカリカリが最も安心です。成長期には栄養たっぷりのカリカリをいっぱい食べて丈夫な身体になってほしいと考えていました。
それなのに単なる魚の水煮みたいないわゆる「一般食」「栄養補助食」の量を増やして、カリカリの量を減らすのにはちょっと抵抗があったのですね。
「総合栄養食」と謳われているウェットばかり与えれば問題ないけど、それはそれで選択の幅が狭まって面白くないのです。

しかしブリ男もそろそろ生後11カ月。
押しも押されもせぬ成猫の風格が漂い始め、いかにもブリショーらしいがっしり紳士になりつつあります。
血便以外は健康状態に問題なく急成長期を終了したというカンジ。

猫
悪い顔をしつつ甘える。

この調子なら1日のカリカリの量を少々減らしたところで今から虚弱体質になることはあるまい、ということで水分摂取量重視のウェット増量キャンペーンを始めたのでした。

 

以前は朝夕ウェット祭りを3日間開催したらウンチのリズムが崩れまくったものですが、数カ月週末はウェット祭りをやっていたので慣れたのか、正月休みの間はまあまあ規則正しく排便していました。
誤飲騒動の入院直後は絶飲食をしていたこともあって調子を崩し、猫砂にちょっと血がつく日もあったりして「またもや血便か!?」とヒヤヒヤしたけれど、しばらく朝夕ウェットを続けていたら血便の気配も消失。
やっぱりたくさん食べてたくさん飲むのは大事ね…と痛感しました。

1日1缶ペースで消費するので、取り出しが簡単なようにパントリーにフードストックの一部を収納するようになりました。

キャットフード

1カ月分程度はカゴの中に。肉魚のバランスと賞味期限から適当にチョイスして、直近分を用意してあります。
クローゼット部屋にはカリカリも含めてこの倍量くらいのストックがあるのですが、毎日その中から「今日はどれにしよっかなー」とかやっていると時間がかかるんですよね。なので日々のチョイスを簡素化すべく選択肢を狭めました。
カゴの外に出してあるパウチ類は50~55グラムの食べ切りサイズ。シッターさんに頼むときは食べ切りサイズから選んでもらう方が早いので、すぐにわかるようにしてあります。

カリカリだけを食べさせていたおチビちゃん時代に比べるとブリ男の食費は跳ね上がりましたが、食の楽しみも跳ね上がっています。
ブリ男が大喜びでペロリと完食してくれるので与え甲斐がある。
どうぞいつまでもたくさん食べて健康でいておくれ~と毎日祈りながらブリ男のゴハンを用意しています。

猫飼い初心者のキャットフード研究

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

4 thoughts on “[猫の食習慣]ブリ男のゴハン、見直しました。”

  1. こんばんわ‼️ ニャンコのフードの悩み、、終わりの無い悩みですね。
    ウチは、血便ではなく、切れ痔?(^^)ニコ カチコチのウンチの為か?
    ドクターからオリゴ糖を処方して頂きましたが、イマイチでして・・
    ロングヘアーのブリティッシュなので、ヘアーボール対策のフードも食べさせているんですが・・気持ちの良いウンチ出ないです。
    水分不足の為、ウエットも試したんですが・・ウンチが臭くなるだけで効果が見えなくて・・前回記事のJIN?大変、気になります。
    現在、ヨーグルトを食べさせてますが、、気持ち硬さがマシかな?
    現在、体重5キロちょい 朝・30g 夕・20g 夜・30g カリカリのみ
    色々な種類のカリカリ・・なんでも食べるので楽ですが・・
    どの組み合わせがいいのか??悩み中です。

    1. まだむサマ
      ブリはウンチ硬めなんですかねえ…。
      ブリ男も消化器サポートを減らすと途端にウンチが痩せるので、困っています。
      同じく何でもよく食べてくれるのは助かるんですけどね。

      JINは30包が終わったところですが、悪くないですよ!
      この1ヶ月カチカチのコロコロは見てないです。
      もっとも、消化器サポートの量を減らすとウンチも痩せるので、JINだけではどうかなあ。
      健診のときにサイリウムのサプリについて獣医さんに相談しようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です