贅沢・繊細アフタヌーンティー ~ストリングスホテル名古屋~

2016年にオープンしたストリングスホテル名古屋に行ってきました。

ストリングスホテル

実は名古屋駅界隈はホテル事情が非常に貧弱でして。

気の利いたホテルといえば名古屋マリオットアソシアホテルしかない!
大切なお客様をご案内するにも、ちょっとこじゃれたカッフェーを楽しむにも、マリオット一択だととても不便だったのです(ほかにも多少気の利いたホテルが名古屋にないわけではないけど、名古屋駅にはない)。それが解消されるかも、と期待していました。

しかし、名古屋駅界隈といっても、ストリングスの立地で「名古屋駅」と言い切ってしまうにはちょっと遠いです。
いや、駅直結のマリオットが便利過ぎるんだけど、笹島はないわー。お荷物の多いお客様をご案内するには「少々近いのですがタクシーをお使いになった方がよろしいかと…」と申し上げてしまうレベル。
と、まだ残暑が残る日に歩いたワタシは、汗だくになりながらそんなことを考えてしまいました。

さて、この日の目的は友人の誕生日のお祝いです。
ランチ兼お茶ということで、ニューヨークラウンジのアフタヌーンティーを楽しんできました。

ラウンジは、入口から入ってすぐ。
窓からはウェディング会場となる教会が見えて、新しい門出の慶びに溢れた初々しいカップルを眺めることができます。

教会

「若いっていいわねー」と紅茶を啜りながらフラワーシャワーを眺めるアラフォー女子。
ゴメンね、永遠の愛を誓い合った直後に目に入るのがオバチャンで。

ここのアフタヌーンティーは非常に豪華で繊細でした。
お重に入った和風アフタヌーンティーなんてものもありますが、初会なのでまずはオーソドックスに洋風をチョイス。

まずはスープとスコーンから。

スコーン

スコーンはクランベリーと豆乳・おから。どちらもあったかほくほくです。
豆乳とおからのスコーンはあっさり味で、そのままでもよし、バターやジャムの風味を味わうのもよしというカンジ。

添えられているのは季節のスープと生ハムのコロッケ。
このときはまだ夏メニューだったので、スープは小松菜とパイナップルでした。

アミューズブッシュ。

アミューズブッシュ

ガスパチョやマンゴーとチキンのサラダなど、これも夏を感じさせるお味。

そして!
アフタヌーンティーと言えばこのタワーでしょう!

アフタヌーンティー

お誕生日祝いということで、プレートも付けてもらいました。

アフタヌーンティー

天辺のプレートにはマンゴーのパフェとフルーツ盛り合わせ。
パフェの底にはチョコレートが入っていて大層美味!

アフタヌーンティー

アフタヌーンティー

中の段はマスカットのジュレとラズベリーのオペラ。
オペラの上に乗っている蜂はチョコレートでした。

アフタヌーンティー

最下段にはマスカットのタルト、ココナッツのエクレア、ブルーベリーのマカロンなど。夏満載ですね。
マカロンにはフレッシュなブルーベリーがサンドしてありました。こんなに贅沢なマカロンを食べるのは初めてかも。
エクレアやタルトももちろん美味しかったです。

 

アフタヌーンティーって、スコーン! サンドイッチ! ケーキ! と、どちらかというと大味と言いましょうか、あの3段タワーでテンションが上がるのであって、味は二の次なイメージがあります。ほら、本場は英国だし…。
ところがここのお菓子は繊細で、見てよし食べてよしと大満足でした。

季節ごとにメニューが変わるようなので、またそのうちに行きたいと思います。
和風のアフタヌーンティーも気になるしね。

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「贅沢・繊細アフタヌーンティー ~ストリングスホテル名古屋~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です