シンプルライフと、自分以外の何かと暮らすということ。

ブリ男が生まれる数年前、ワタシは生活や家の中をとことんシンプルにすることに血道を上げていました。

Simple

不要な家事はやらない。
家事動線は極限まで単純化する。
そのためにモノを徹底的に減らす。

それらを通じて手に入れたかったのは、無駄に体力気力を費やさないラクな暮らしです。
参考:シンプルな部屋が好きな理由

なんてことを考えていたらなぜか新しいマンションを買うことになり、気分一新、まっさらな気持ちでシンプルな生活に取り組める環境になりました。
参考:マンション、買い替えちゃう!?

ところが、猫がウチに来て一変。
シンプルな生活よりも、ブリ男の健康・快適が優先になってしまいました。

ケージや物見台なんて家具は増えるし、大きな爪とぎは必要だし、細かいオモチャも増える一方だし、色味のない殺風景な部屋は一気に保育所のような雰囲気に。

ほぼ空っぽだった収納棚は、キャットフードや衛生消耗品でぎっしりです。
モノが取り出しにくい収納なんて死んでもイヤだったのに、掃除用品の奥にカリカリのストックを入れてあったりして、ワタシにしては凄まじいことになっています。

例えば、タオル。
ひとり暮らしに必要なタオルなんて、バスタオル1枚とフェイスタオル4枚とハンドタオル3枚くらいだと思っています。何ならバスタオルはなくていいくらい。
一応友人が泊まりにくることを想定してバスタオル2枚・フェイスタオル6枚・ハンドタオル6枚を用意して、それで困ることはありませんでした。

ところが猫を迎えるとなると「体調不良で寒がるときに」だの「吐いてしまったときの掃除用に」だの「寝るときの毛布代わりに」だの「シャンプーしたときに拭き取る用に」だの使用シーンをあれこれ妄想してしまい、古タオルでは足らずに買い足してしまいました(そして思ったより使っていない笑)。

同じように、キッチンタオルだのウェットティッシュだの掃除用の消耗品のストックは従来の倍に膨れ上がり、我が家の収納棚を圧迫しています。

 

では今の状況がイヤかというと、それはない。

床に転がっているボールやぬいぐるみを見て「塵ひとつ落ちていない床が懐かしいな」くらいのことは思いますが、何もない床よりはブリ男がごろんごろんしている床の方が見ていて楽しいんですもの。

猫

たかが猫一匹。
されど猫一匹。

人間でも動物でも「自分以外の何かと暮らす」とはこういうものか、と四十路にして初めて実感しています。

 

思い返すと、実家はひどくモノが溢れている家でした。

そのモノの多さがイヤで大学を出ると同時に独立したわけですが、今思うと子どもを育てる家庭ではモノが多くなるのは当然のこと。
急な発熱に備えて下着やパジャマは余分に持っておきたいし、学校から突然何かを持って来いと言われるかもしれないし、猫なんかよりずっと「常に家に置いておきたい」というアイテムは多いです。

ましてやワタシの親の世代では「いつでもコンビニで24時間買えるし」「ネットショップから明日には届くし」という感覚は皆無なわけですから、何でもかんでも家に溜め込むのは自然の帰結だったのでしょう。

と、ブリ男の親代わりをするようになった今では母の気持ちも理解できます。
とはいえ、もう使わないモノを延々と溜め込むクセはよくわからんけど。

以前は「なんでこんなにモノが多い家に住んでいて平気なんだ!?」と実家でイライラばかりしていましたが、「家族のために」とあれこれ揃えたモノに囲まれて暮らすのは幸せなことなのかもしれません。
ブリ男が喜ぶかも、と思って買い足したあれこれを眺めると、そう思います。

 

自分の信条を覆すほどの「何か」と暮らせる幸せ。

キャットフードや消耗品のストックを見る度に、ブリ男が来てくれた喜びを噛みしめています。

猫
↑外でカラスが鳴いているのが気になる。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “シンプルライフと、自分以外の何かと暮らすということ。”

  1. こんにちは。
    私の場合はりんむ様と逆かもしれません。
    私は幼いころから片付けられない人間というやつで、
    何度も自分の部屋をゴミ部屋にしては母に片付けてもらうということを繰り返し、
    そのまま進学で一人暮らしをするようになったため、
    正直彼氏のいない時期は汚部屋化することが多々ありました。
    物も今の倍以上あったでしょうか(いまだに靴だけはそんなに減らせてないのですが。)。

    ですが猫と暮らすようになってからは、
    徹底的にモノを減らして毎日せっせと掃除していかに猫が動きやすくケガしない部屋にするかを考えています。
    猫がクシャミでもしようものなら、ダスキンを駆使してハウスダストの除去に励みます(夜中でも)。

    ですから、りんむ様の妥協した散らかりと、私の今の部屋の綺麗さが、レベルとしては同じくらいかもしれないですね~。

    でも猫のための消耗品を買う時、収納する時が、
    なんなら自分の物を買って収納する時より、嬉しいのは本当にそうですよね。
    そして、猫って人を狂わせるんだねと友人に言われて、褒め言葉だと思うくらいには、私も今の生活が気に入ってます。

    1. じろうサマ
      おお、ワタシと逆パターンですね。
      スッキリ清潔部屋をもたらしてくれるとは、猫ちゃんは飼い主さん孝行ですね。

      自分ひとりなら部屋が汚かろうが平気なのに、猫がいると「ゴミを飲んでしまったら…!」とか思って掃除しちゃいますよね。
      ワタシもブリ男が来る前は平日はルンバくらいしかやらなかったのに、今はせっせとあちこち拭いてます。猫様々です。

      猫は魔物であり天使ですね〜!

  2. りんむさま

    ご無沙汰しております。ブリ男ちゃん、お元気そうで何よりです。

    私もマンション購入を機に、シンプルかつ自分の趣味に沿ったインテリア作りを目指していました。実際、来客の度に生活感のない部屋だと言われ、それが嬉しくもありました。

    でもメインクーン姫が来てからというもの、部屋は一気に生活感を帯び(笑)ガラガラだったキッチン収納はキャットフードに占領されました。

    先日、私も巨大な爪研ぎベッドを買ってしまい、ただでさえ狭いリビングがますます狭小に…。でも、その上でグンニャリ寝てる猫の姿を見ると、もうそれだけでなんでも良くなってしまいました。(笑)

    こんなに幸せな気持ちにさせてくれる存在に出会えただけで、自分の価値観なんてどーだって良くなってしまう。あらためて猫って、本当に偉大ですね。(笑)

    1. きりんサマ
      おかげさまでブリ男もワタシも元気でやってます。

      ワタシも生活感のない部屋と言われていたのに、今では猫屋敷呼ばわりされています笑
      一番目立つ家具がケージですからねえ…。
      収納にキャットフードぎっしりも同じくです!
      そして爪研ぎでぐんにゃり寝てる猫を見てにやにやするのも一緒です笑

      どんな部屋でも猫が楽しそうに暮らしてるのを見ると、それで満足ですよね。
      ホントに猫は偉大ですね!

  3. こんばんわ、寒いですね〜〜(>_>)

    ウチは、目指せ!シンプルライフ!老後に備えて断捨離!と意気込んだのですが、夏にニャンコが来て、逆戻りの溜め込む生活に逆戻りです…
    元々、飾り物など置かない様にしてたのですが、今じゃ、猫トイレ二個、デッカいキャットタワー、猫ベット数個、水場…オモチャ、トンネル、…猫の毛がフワフワ…(ΦωΦ)フフフ…
    理想とは、かけ離れてしまったけど、暖かいモフモフのニャンコを見ると、まっ…ええか?と思う毎日です
    フードを探したり悩んだらする楽しみ?も、増えたしね…(^^)ニコ

    1. まだむサマ
      同じくです!
      サッパリした老後を目指して極限までスッキリさせようとしていたのに、ブリ男関連のモノを溜め込む毎日です。
      そして、ま いっか、と思ってしまうのも同じです。

      フード探しなど悩みではあるんですが、楽しいんですよね〜。
      毎日張合いがあって楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です