ルイス・ポールセンPH5のシェードが歪んだ!

ブリ男に夢中ですっかり忘れていたネタですが、ブリ男が来た頃、ワタシは裸電球で暮らしていました。

ルイス・ポールセンのPH5のシェードを外した状態で生活していたのです。
参考:ルイス・ポールセン PH5

何があったのかというと、PH5のシェードが歪んだのでした…。

原因は、結局わからずじまいです。

確かにエアコンやガスファンヒーターから近い場所に設置してあるけど、至近距離ってほどでもないしなあ。

エアコン
参考:エアコン代は気にしない。だって女の一人暮らしだもの!


参考:マンションの暖房事情・新居編

それにエアコンの暖房はほとんど使わないし、ガスファンヒーターも長時間炊くことはない。熱が影響するというのであれば、PH5のランプの方がよっぽど熱いんじゃないかしら。

ワタシが触るのも掃除のときにちょっと触れる程度です。外してガッツリ磨くとかやったことないし(←やれよ)、初老のオンナの指先ひとつで歪むほどヤワな作りだとは思いたくないです。

ひとつ心当たりらしい心当たりといえば、ウチのPH5は大塚家具の展示品だったのを安く買って、旧居に取りつけて、また新居に移してと、結構頻繁に動かしていることくらいです。
もちろんちゃんと梱包されて届けられたし、梱包が面倒くさくて新居へは手持ちで運んだという過保護っぷりでしたが、1カ所にぶら下げっ放しのPH5よりは衝撃がかかった可能性はあります。

この歪みはどうしたらいいんだ…と「ルイス・ポールセンPH5」「シェード」「歪み」辺りのキーワードでしつこく検索しましたが、あまりこれといった情報は見つからなかったです。
ただし、中古品の売買には「シェードの歪みはありません」「シェードに若干の歪みあり」なんて文言が飛び交っているので、歪んで当たり前な扱いの照明なのかもしれません。
これが何年も使ったモノなら「歪みも味よね」と思えるのでしょうが、買って1年余で汚れも黄ばみもない状態では「たった1年でこれ!?」と不満です。

というわけで、大塚家具に持ち込んで修理を依頼しました。

パッと見目立った歪みはないけれど、水平なテーブルの上でよくよく見ると歪んでいます。店員さんも「歪んでますか? ……歪んでますね」と言う程度。
なんだけど、この歪みが目の前でぶら下がっていると結構気になるんですよ(歪んだ状態の写真は撮り忘れた、というか歪みにショックで撮れなかった)。

「落としたり何かをぶつけたりすると歪みが生じる場合があるんですけどねえ…」と店員さんに言われてムッとするワタシ。そんなに雑な生活はしてないやい。
心当たりは引越を2回もしているくらいだという話をしましたが、店員さんも原因は思いつかないそうです。ホントに落として凹んだとかの修理は受けたことあるけど、何となく歪んだ状態で持ち込まれたことはないらしい。

シェードを打ち直す程度で直る場合もあるし、根本的に部品を取り替えなきゃいけない場合もあるらしいのですが、どっちになるかはルイス・ポールセンに送らないとわからないと言われました。
そして部品取替だと結構なお値段です。

えーっ、1年ちょっとぶら下げていただけで何にもしてないのに本体価格の1/3にもなるような値段の部品交換を強いられるわけ?!
どれだけ阿漕な商売なんだよ!
と、ルイス・ポールセンの性根を疑ってしまいました。

そして、もし生活の中に歪みの原因があるとしたら修理しても再度歪む可能性はあるし、仮に打ち直しで済んだとしてもワタシが満足する完璧なフォルムで返ってくるとも限らないと説明されました。
そこまで完璧な姿は求めてないけど、初老のオンナのひとり暮らしという衝撃とは縁遠い生活で歪む程度の品質であれこれ言ってほしくないわ。

とはいえPH5自体は気に入っているので大塚家具経由で修理に出すことに(ルイス・ポールセンは個人からは受け付けてないんですって)。
シェードの歪みの原因はわからないままだわ、納品の日時の打合せはメールでとお願いしていたのに大塚家具から仕事中に電話がかかってくるわ、徹頭徹尾もやもやした出来事でした。

 

唯一スッキリしたのは、PH5が戻ってきた日はちょうどブリ男の新しいケージを組み立てていた日で、配送のおじさんが廊下に積まれている段ボールと梱包材を「それも一緒に持っていきますよ」と引き取ってくれたことです。
大塚家具、ありがとう!


参考:[模様替え?]猫のケージを新調!

修理は部品交換でなく打ち直しで済みました。一応目視ではわからない程度にはキレイになっています。

問題は、ときどきブリ男がPH5を見上げていること…。
ブリ男が跳びついたら確実にガッシャン! となるに違いない。そうしたら修理どころじゃないですね。下にあるアルテックも被害甚大の予感です…。


参考:【Artek】アルテックのテーブル82Bがやってきた!

ルイス・ポールセン PH5は暗いってホント?

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。最近ブリティッシュショートヘアの男子との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

「ルイス・ポールセンPH5のシェードが歪んだ!」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。
    検索より失礼致します。
    ph5の歪みにてこちらに辿り着きました。
    打ち直しにて修理ですとおいくらくらい掛かりましたでしょうか?
    当方も修理を検討しておりまして、差し支えなければお教え頂けましたら幸いでございます。
    宜しくお願い致します。

    1. Shinサマ
      はじめまして。
      PH5のシェードの歪みの修理は、定価の3割程度の価格でした。
      ワタシの場合は元々展示品を安く買ったので、購入価格の半額くらいの修理金額でした…。

      どうしようか迷ったのですが、目に入るとイライラする程度には歪んでいるし、ほかの照明を探すほどの根性もないし、気に入った照明が見つかっても修理代金より高いモノかもしれないし、ってことで修理することにしました。

      ステキな照明だとは思うのですが、もう少し頑丈さが欲しいですね!

      1. ご返信ありがとうございました。

        返信が遅くなりまして大変申し訳ございません。

        当方もとりあえずルイスポールセンの方に送ってみまして、只今見積もり待ちの状況です。

        この度は突然のコメントに丁寧なご説明を頂き誠にありがとうございました。

        1. Shinサマ
          わざわざお返事ありがとうございます。
          キレイに直るといいですね。

          今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です