マンション売却にかかる費用

マンションを売るのって、お金がかかります。

札束

えっ、モノを売るのにお金がかかるの!? てカンジですけど、結構な金額が必要です。

仲介手数料

自力で不動産を売れる人ってのはあんまりいなくて、フツーは仲介業者にお願いすることになります。
参考:【マンション売却】仲介業者の選定・前編

無事に成約したら、その暁には仲介業者に手数料を支払わなきゃいけない。

この仲介手数料がなかなかバカにならない金額でして…。

( 取引価格 × 3% + 6万円 )+左記の消費税

という計算で算出されます。
仮にマンションを2,000万円で売ったとすると、70万円以上の手数料が必要になるわけです。

ひー、70万円! 結構な金額!
と怯んでしまうのですが、そこはマンションを売却した2,000万円があるわけですから。そこから手数料を支払えばいいので慌ててお金を作る必要はありません。

ただ、手数料を売却価格から賄おうとすると「わーい、2,000万円で売れたー♪」と喜んでいても、手元に残るのは1,900万円余りとなってしまうので要注意。
マンション売却で得た資金を次の住宅の購入に充てようと企んでいる人は、どの程度目減りするか予め見当をつけておく必要があります。
参考:マンション買い替えは難しい!? 資金やタイミングについて考える

この仲介手数料の支払い方は、業者によって異なります。
ひとつは、契約時に一括でどーんと支払うパターン。
もうひとつは、契約時に半額払って、引渡し時に残りの半額を支払うパターンです。

仲介業者も鬼ではないので、こちらに現金がないときに仲介手数料をムリヤリ支払わせることはないです。なので手付金なり残代金がこちらに入ったタイミングでの支払いになります。
仲介手数料の支払い方は、媒介契約を結ぶときに確認しておくといいですね。

 

さて、この仲介手数料ですが。
場合によっては、値引できるみたいです。

上記の算出式はあくまでも仲介手数料の上限額なので、そこから下げる分には別にいいらしい。

せっかくなら少しでも費用を抑えるべく、仲介手数料の値下げ交渉をするわー!
というのはアリと言えばアリなのですが、ワタシは値引してもらいませんでした。

というのも、仲介手数料って媒介契約時に決めておくものなんですね。
そりゃそうだ。高く売れたから余分に取るって言われたらイヤだし、業者にしたって苦労して買主を見つけてきた後に「ちょっとまけてよ~」とか言われても困るだろうし。

ものすっごく売れるマンションでどの業者も欲しくて欲しくて仕方ないという物件ならともかく、そうでもなければ仲介業者は買主を探すためにそれなりに手間ヒマや営業コストを割きます。
ワタシの1軒目のマンションは「全然売れないってことはないけど、大人気かと言われるとそうでもない」というビミョーな物件だったので、仲介業者に頑張ってもらう必要があったんですね。
なのでヘタに仲介手数料をケチって、心証を悪くしたくはなかったのです。

ま、物は試しに相見積を取る際に仲介手数料を下げられるかどうか各社に訊いてみるのは手だと思います。

印紙代

契約書を作る際の印紙代が必要になります。

数千万円の取引をしていると、数万円の印紙代なんて誤差誤差! という気分になりますが、現金で必要なのできっちり用意してくださいね。

登記費用

マンションの売却の際には、次の作業が必要になります。

  • 売主の抵当権抹消
  • 売主から買主への所有権移転
  • 買主の抵当権設定

この抵当権を消したり付けたりする際に登記費用がいちいちかかるので、数万円必要になります。

ワタシの場合は既に抵当権を抹消しているので、その分の費用は必要ナシ。
費用自体は大した金額じゃないけど、普段見慣れないたくさんの書類をアレコレしなきゃいけなくて厄介…という記憶があるので、先に済ませてシンプルな取引にできてよかったと思いました。
参考:住宅ローン完済後にやること

住民票や印鑑証明書などの取得費用

ま、数百円のハナシなので、これこそ数千万円の前には誤差みたいなものですが、一応。

マンションの引渡しには実印が必要なので、印鑑証明書が要ります。
住民票は、売却するマンションに住んでいるかどうかによります。
まだ住んでいれば登記済証とかでいいし、引っ越した後なら住民票(前住所入り)でOK。この辺は仲介業者に確認してください。

 

新築マンションを買ったときの諸費用に比べれば、わかりやすいと言えないこともないです。
こちらはお金が入ってくる側なので、仲介手数料にしても何にしてもまとまった現金を用意しなくていいというのはラクでした。



スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です