ブリ男、今年もワクチン接種と健康診断を受ける。

ブリ男が我が家に来て3年目に突入。
この時期にワクチンを接種しに動物病院へ行くのも恒例行事化しつつあります。
参考:ブリ男、ワクチン接種と健康診断のために動物病院へ行く。

猫
↑人の手を枕に、大欠伸。

去年も一昨年も感じたことですが、この時期はフィラリアの予防接種をしに来たワンちゃんで動物病院が混んでいるのでいかがなものかと思います。ブリ男が初春生まれなので仕方ないですけどね。

さて、ワクチンと同時にこれまた毎年やっている血液検査。
人間と同様、朝食を抜かないと正確な血糖値が計れません。
しかし食欲の権化たるブリ男が絶食とかムリ。

なので早朝というかまだ夜じゃね? という4時にウェットフードを出し(いつも4時には叩き起こされる。ひどいと3時半から起きろ起きろと騒ぎ出す)、その後のカリカリは出さずにいるつもりでした。絶食にはならないけど、採血まで数時間あるなら多少はね、ということで。

ところがですね、なぜかタイマーを切ったはずのカリカリマシーンが7時に稼働してしまいました…。
参考:【カリカリマシーンSP】自動給餌器と食いしん坊の猫

二度寝中のぼんやりした頭で「ザラララララッ」とカリカリが出てくる音を聞き、「ええええぇえ!?」とビックリしましたよ。タイマーセット切り忘れかとスマホを見ても、ちゃんとオフになっているし。どういうことなんだ。
ブリ男は「ザラ」の時点でカリカリマシーンに駆け寄り、せっせと食べています。それを止めるわけにはいかず、血糖値の正確な計測は諦めることにしました。
病院で「ということで朝食食べちゃったんですよー」と伝えると、まあ病的な数値が出るほど狂うわけでもなし大丈夫ですよーとのこと。
どの程度数値に誤差が出るのかは、結果が送付されたらまた報告します。

 

最近病院に行くときにキャリーバッグに詰めると抵抗をしていたブリ男さんですが、今回はなぜか素直にバッグに入りました。
天気がよかったので動物病院まで徒歩で向かうと、道中もおとなしくしています。
2年前は歩いている最中にみーみーと可愛く鳴いていたものですがね。あのときは軽かったバッグも、今は肩が抜けんばかりの重量感です…。

今回もフィラリア予防接種待ちのワンちゃんに囲まれた待合室となりました。幸い騒ぐ子はおらず、ブリ男もバッグの中でどてーっと寛いでいます。
ワタシは犬好きで、しかも犬に好かれるタイプなので、待合室で目を合わせたワンコに寄ってこられたりします。
犬飼いにも猫好きの人は多いようで、バッグの中で泰然としているブリ男を見て「あら、可愛い猫ちゃん」と話しかけてくる方がいます。動物病院、楽しいです。

さて、ブリ男の番が回ってきて診察室に入りました。
まずは体重測定からです。

ブリ男はここんところずっと5.5キログラムをキープしているので「ま、いっかー、ちょいぽちゃ猫で」とダイエットは諦めモードでした。
ところがですね。

なんと今回は5.3キログラム。あれっ、なんで痩せてるの?

特にフードを替えたりはしていないし、運動量も変化がないんですけどね。なぜか0.2キログラム落ちていました。
昨年のワクチン接種時の体重が5.3キログラムなので、多少の増減はありつつキープということになります。
もっとも、昨年「せめて5.0キログラムにしてね」と注意されたところからまったく改善されていないということにもなりますが。ま、ブリショーですし、5.3キログラム前後ならいいじゃないか…という程度に今後も緩く維持を目指します。

体重を計った後は、目と耳のチェック。
目は若干赤いものの、ブリ男は割と常に赤い子だし腫れなどもないのでこの程度ならOKとのこと。
耳はキレイで、掃除の必要もありませんでした。今から湿度が高くなって菌が繁殖しやすくなるから要注意ですけどね。
触診でも問題はなし。

次に採血です。今回も採血時はワタシも診察室にいました。
おとなしい猫ですが、このときはさすがに首にカラーを巻かれます。普段ブリ男のカラー姿なんて見ないので「あー、可愛い! ブリさん可愛いねえ!」とワタシが言っていたら獣医師さんと看護師さんに笑われました。
さすがに採血は痛いらしく、途中でシャーと言うブリさん。これまた普段はシャーしない子なので、内心「シャーの顔も可愛いわあ」なんて思っていました。
しかし身体の大きい子なので獣医師さんは警戒し、ブリ男がシャーした瞬間に採血を終了。必要量はなんとかギリギリ採れたというカンジでした。えー、多分この子シャーしても暴れないと思うんだけどな。

カラーしてがっつり保定している隙に、獣医師さんに「ついでに爪切りしますか?」と訊かれました。
病院に行く日の朝、何かあったらいけないと思ってバチバチ切ったところです。
2年前は、ブリ男の小さな身体を保定し切れず、病院で切ってもらったんですよね。それではいけないと一念発起し、毎日切らない日でもブリ男の爪を出して、爪切りとトントンと当てて、ワタシとブリ男を慣らしていきました。
その甲斐あって、今では「あー、ブリさんお爪ちょっと伸びてるじゃん」と気づいたときにバチバチ切れるようになりました。猫飼いとして成長したなあ…と実感した瞬間です。

そしてワクチンです。なぜかカラーを外してから打ちました。そのまま打てばいいのに。
採血と違って一瞬で終わるので、ブリ男はシャー言うヒマもなく、高い声で「うぅうぅんんんうぅぅ」と唸るだけでした。デカい身体で甲高い声を出すから面白いです。

最後に、ブリ男のウンチについての相談タイム。
獣医師さん的には「サイリウムをストップできるならそれに越したことはないけれど」という考えで、前回処方してもらったときにちょっと渋られたんですよね。
参考:[猫の便秘解消]サイリウムを与えて4カ月、快調です!

しかし、慣れないカリカリを数粒食べただけでウンチに血がつくこともあるし、サイリウムをちょっと減らすと途端にバナナがコロコロし始めるし、サイリウムなしで血便を回避する自信はワタシにはありません。
投与量は1日に2~3グラムだと言うと獣医師さんも「それくらいの量ならいいか…」というカンジになり、繊維量の多いフードに替えて血便になっちゃう可能性もあるし、今いい状態をキープできているならもうしばらく様子を見ましょうということになりました。

 

というわけで、今年も無事にワクチン接種が終わりました。

帰宅したブリ男は採血をものともせず、ワタシにゴハンを要求し、満足したら外の観察をして、といつも通りに過ごしています。
疲れた素振りもなく、ホッとしました。

そういえば、昨年のワクチン接種時にはニキビの相談をせねばと思っていたのに、この1年はほとんどニキビを見かけなかったですね。
たまに顎を汚したままワタシの食事を覗きに来たら「もー、ブリさんお弁当ついているじゃん~」と拭き取るようにしていたのがよかったのかも。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

10 thoughts on “ブリ男、今年もワクチン接種と健康診断を受ける。”

  1. こんにちは。
    怪我や病気で行くのでない動物病院は楽しいですよね(当の猫は「こ〜ろ〜さ〜れ〜る〜!」という感じですが・笑)
    動物好きな人たちと愛されてる子たちが集まってるので、嬉しくなります。
    以前、「動物虐待は犯罪です!」ポスターが動物病院の中に貼られてたことがありましたが、「こんなとこ(動物病院)に大枚はたいて連れて来てる人が虐待はないよな〜^^;」と思ったものです。
    何はともあれ、ブリ男さん、お疲れ様でした!
    帰ってすぐにゴハンくれくれなんて、大らかで頼もしいです^^

    1. ロベルさま
      そうなんですよ~。普段は病気の犬猫を見かけるのでそこまで気楽に楽しめませんが、この時期はみんな元気にフィラリア予防接種を受けに来ているので(ワンちゃん達はビクビクだろうけど笑)飼い主さん達も大らかで楽しいです。
      動物病院内に動物虐待防止ポスターは…笑
      どう見ても愛されて甘やかされているコ達しかいない場所なのに~。

      病院から帰っても拗ねたりぐったりしたりしないのはホントに助かっています。
      でもちょっといつもより抱っこ拒否が激しいです笑

  2. 無事にワクチン&採血が終わって一安心ですね。
    大きな病気やケガなく次のワクチンまで過ごせるよう祈ってます。
    ブリ男くん5.3キロもあるのですね。
    写真ではもう少し小柄に見えます。
    換毛期ですがシャンプーはしますか?
    りんむさん、ブリ男くんと素敵な連休をお過ごし下さい!

    1. さとみんサマ
      血液検査の結果を待っている間はちょっとそわそわしちゃいますが、とりあえずは一安心です。
      この1年間も元気に過ごしてほしいものです。

      ブリ男、実物はかなり大柄ですよ~。小型犬よりも大きいです。
      ワタシとの対比だと小さく見えるので、ワタシも普段は「うふふ、ブリさんちっちゃくて可愛い」とか思っているのですが、外で猫を見るとあまりの小柄さに驚愕します。

      シャンプーはそろそろ決行したいのですけど、ワクチンしたのとここ最近は涼しいので見送っています。
      GW中に夏日があるといいのですが。

      さとみんサマも良い連休をお過ごしくださいね!

  3. ワクチン接種と血液検査、おつかれさまでした!

    注射を打つときにカラーを巻かれるというのに驚きました。マルオは注射も採血もおとなしく受けていたので、痛くないのかなとか思っていましたが……痛いに決まってますよね。
    痛みよりも病院にいる緊張感が勝っているのでしょうか。怒ったのは検便のためにお尻に綿棒を突っ込まれたときだけです笑

    普段おっとりした子がたまに見せるシャー顔、ときめきますよね。本人は真剣だから笑っちゃ悪いですけど、やっぱりどんな顔もカワイイですもんね!

    1. マルコさま
      そうなんですよ~、ブリ男もシャー言うだけのおっとりさんだからカラー要らないと思うのですが、中には大暴れする猫ちゃんもいますから念のためにやるんでしょうね。
      ワクチンは一瞬なのでいいけど(それでも痛いだろうけど)採血は時間がかかるから可哀想ですね。人間でも採血イヤですもんね。
      お尻に綿棒突っ込まれるのもイヤだなあ笑 そりゃマルオさん怒りますわ。

      そうそう、普段はシャー顔なんか見ないから「ブリさん、怒った顔も可愛い…♪」なんてときめいています笑

  4. りんむじんづ サマ

    健康診断とワクチン、ちょうど我が家とシンクロしてました!
    驚きです(*゚∀゚*)
    肩が抜けるほどの重さ、お疲れさまでした。

    親戚のブリショーにゃんこは、4.9キロで怒られたそうで、
    適正体重を標準化してくれたら心配も
    減るのに…と思います。

    ブリ男くん、がんばりましたね!
    蜜月時代ラブラブが続きますね〜^^

    1. サビままサマ
      お、無事に健康診断&ワクチン終了ですか?
      ワクチン接種後に何もないとホッとしますね。これでこの1年も病気知らずでありますように。

      4.9キログラムで怒られるとか、ブリ男なんてめちゃ叱られそう…。
      同じ猫種でもオスメスの違いもあれば骨格の大きさも違うし、一概に一般的な標準体重で注意されても困っちゃいますよねえ。
      ブリ男は父猫が5.0キログラムなので、それくらいのサイズになるのは当然なのに。5.5キログラムはちょっと太らせ過ぎですが…。

      連休は引きこもってむちむちブリ男とラブラブします♪
      サビままサマも良い連休を!

  5. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    GW如何お過ごしですか?
    血液検査にワクチンに年に一度ですがお疲れ様です!
    お高い保険入ってるんですが、全く病院に行く事もなく、とっても有難い事です!
    最近は、病院に併設されてるサロンに年に二度行くのと、年に一度の健康診断とワクチン…まぁ、気が楽ですがね〜(≧m≦)
    キャリー。ウチは、デザインで選んだモノで、メチャ使い難いと言うのか?もうギュギューで、何せ7キロですモンね!
    ウチは、車移動ですけど、駐車場から運ぶのは、大変!肩が抜けそうです!
    ブリ男くんのソフトキャリーが気になるんですよ!

    1. まだむサマ
      おかげさまでのんびり連休を過ごしています。
      前半は疲れを取るためにひたすら寝ていたけど、後半は昼寝できなくなってきました笑

      サロン羨ましい〜。
      ブリ男はシャンプー嫌がるので、プロにちゃちゃっとやってもらいたいです。
      ロングヘアなら何が何でも連れて行くけど、ショートだとまあいいかーとウヤムヤに…。

      7キロあるとちょっと運ぶのも大変ですよね〜。5.5でも肩抜けそうですもん。
      ブリ男のソフトキャリー、なかなかいいですよ!
      ソフトといってもかなり頑丈で、小さい頃のブリ男は上に乗って遊んでました。今は無理ですが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です