【猫の病気】皮膚炎疑惑に伴うステロイド投薬、その後

皮膚の炎症を抑えるためにステロイド剤を投与され、下痢をしていたブリ男さん。
参考:【猫の病気】あのブリ男が下痢をした!?

猫
熱心に水を狙う

おかげさまでステロイドを減量してからはウンチの状態は良好です。
いくら薬の量が減ったからと言って、下痢を引き起こすほどお腹の調子が変わる薬を飲んでおきながら、なぜこんなかっちりとしたウンチが出るのか…と、慣れ? っぷりに感心しました。
ウンチのリズムも、いつも通り1日~1日半に1回に戻り、ひと安心です。

処方されたステロイド剤を飲み切った日、ブリ男を動物病院へ連れて行きました。

ブリ男の縄張りをリビングの外にも広げてしまって何が困るって、キャリーバッグに入れようと捕獲するときに逃げ回る範囲が広くなってしまったことですね。
なので病院に行く直前はなるべく刺激せずブリ男をひたすら昼寝させ、ボーッとしている隙にリビングとケージのドアを閉めました。
しかし、キャリーバッグをリビングの真ん中に持ち出すと途端に目を見開くブリ男さん。バッグ=病院とすっかり覚えてしまっています。
でも寝起きで機敏に動けず、あっさりワタシに捕まってキャリーバッグに押し込まれました。

病院の診察台でキャリーバッグの蓋を開けると、ブリ男はとりあえず「フー」と威嚇します。
でも抵抗の仕方がおっとりさんで、ひと声フーと唸るだけで「あらあら、ブリさん、別に怖いことされませんよ~」とワタシに持ち上げられるときは特に抵抗しません。
そして診察台の上では若くて美人の看護師さんの顔を見て「ブリ男、怖ーい」みたいなぶりっ子顔をしています。女は俺に甘いんだぜ、とよく理解しています。

ワタシの目から見て、おでこというか耳の前の傷はすっかり良くなっていました。獣医さんも今回は「キレイに治ってますね」と太鼓判を押してくれました。
傷がついた方の耳だけなぜか汚れがついていたのでそれを拭き取ってもらい、念のために耳の中に薬を入れてマッサージ。中の方は別に汚れていないようで、これまたホッとしました。

が、またしても結膜炎っぽくなっているのが気になります…。
参考:【猫の病気】結膜炎頻発と、耳にも問題発生!

右目の涙が多かったのでそれを獣医さんに伝え診てもらうと、結膜がちょっと赤くなっていました。

ステロイドは免疫力を抑える効果があるので、それで弱い部分に良くない影響が出たっぽいです。
ということで、今度は目薬を処方されました。また点眼か…。ブリ男との関係が悪化するなあ。

幸い、がっつり結膜炎というより「いつも目が赤い子だけど、うーん、確かにいつもより赤いかな」という程度で、本猫も目をしょぼしょぼさせるほどでもなく、「これ以上悪化させないように点眼しておきましょうかね」という程度で済んでいることです。
悪くならないようであれば次回の診察の予約も不要ということで、通院は一応区切りがつきました。

結局、肌や目の弱さについては原因はわからないままです。
獣医さんの見立てでは「やっぱりヘルペスウィルスかなあ」とのこと。免疫力さえしっかりしていれば日常生活で悪さをするわけではないので(人間と同じですね)、よく様子を見ておくようにと言われました。
そしてアレルギー疑惑もないわけではないのですが、これは要因の特定が簡単ではないので、今みたいに症状がひどくなければ対症療法でやっていこうとなりました。

もしブリ男が我慢しているだけで、常にどっかしら痒いとしたら可哀想ですが…。
物言えぬ猫が相手だと、こういうときもどかしいですね。

久しぶりの点眼は相変わらず嫌がるのですが「ご褒美」は覚えていたようで、点眼後はむっとした顔をしつつワタシの傍でカリカリを貰うのを待機しているブリ男が可愛いです。

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。ブリティッシュショートヘアの男子(ブリ男)との同居を始め、ますます極楽な生活を送っています。

6 thoughts on “【猫の病気】皮膚炎疑惑に伴うステロイド投薬、その後”

  1. うんちは重要ですよねー。私も家にいる時にうんちをしたら必ず硬さなどなど確かめます。

    獣医さんに、食欲があっておしっこもうんちもちゃんとしていれは多少何かあっでも病院には来なくて大丈夫ですよーと言われてから ごはん・おしっこ・うんち は毎日気をつけてみて、日記に記録しています(^^)

    1. emkサマ
      ウンチ、大事ですよね。ワタシもウンチ日記つけています笑
      ブリ男は放っておくと血便しちゃうタイプなので、仔猫のときからウンチには神経を尖らせています。
      幸い、今のところ腎臓は健康なようで、おしっこに異常が出たことはないのが救い。

      ブリ男はいかなるときでも食欲があるから、食べなくなったらほかに異常がなくても病院に駆け込んでしまいそう!

  2.  りんむじんづ 様

    ブリ男くん、回復されて何よりです。
    よかった、よかった。
    自分以外の小さな生き物がいると、
    食欲・排泄力の大切さがわかりますよね…
    でもついつい忘れてしまう。。

    忙しさを言い訳にしちゃあいけませんね、
    反省でした。

    1. サビままサマ
      ご心配をおかけしました。おかげさまで目の方も数日間点眼していたらキレイになって、ホッとしています。
      ただ、傷を作った方の耳に汚れが目立つので、今後悪さしないといいのだけど…と見守っているところです。

      食欲に関しては、ブリ男はまったく心配が要らないから分かりやすいです!
      その代わり、食べないときはホントに不調ということだから大慌てしそうです…。

      お互いのにゃんこが毎日元気でのんきに過ごせるといいですね。

  3. ( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪

    子猫の時に、目ヤニで目が開かなくてね…ウチに来て半月くらい…病院に飛んで行きましたよ…猫風邪…?猫ヘルペス?飲み薬は、出なかったのですがステロイド系の点眼薬を貰い…2~3日で治りました…白っぽい又は、黄色っぽいのは、大丈夫らしい…重篤なという意味で、緑とかは、ヤバイらしいです…

    我が家のニャンもウンチがね…便秘だけですから良しとしたものですかね…
    今の所、猫の病気の中で厄介なオシッコ…腎臓系も大丈夫な感じ…水分補給は、気を使います、飲まないのよね…

    物言わぬ、毛玉…余計に心配になります…
    ウチも体重7.5…奴を抱え込み点眼する…イヤイヤ恐ろしいわぁ…子猫の時は、楽勝でしたが…今は、反対に抑え込む事、出来るか?…無理ヤァ

    1. まだむサマ
      さすがに緑色の目ヤニはないけど、涙目でしょぼしょぼしてるとそれだけで心配になりますよね…。
      ウンチに悩むのも、どの飼い主さんも同じ…。
      水を飲まないってのも困ったものですよね〜。
      君ら腎臓が! 予防のためにもちゃんと飲みなさい!

      7.5キロを点眼は…ワタシひとりでは絶対無理です笑
      ブリ男も歯磨き点眼はある程度手加減して抵抗してくれるから何とかなるけど、シャワーの本気で暴れるのは手がつけられません笑
      家猫があのサイズに進化したのも納得です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です