[ティファニー]アラフォーに相応しいアクセサリーとは

リクエストを頂戴しましたので、アクセサリーや時計について書いてみます。

ティファニー

服と同様、若い頃はプチプラアイテムを次々買って悦に入っていました。
しかし、歳を取ったりいろんなきっかけがあったりして、徐々にプチプラアクセサリーに手を出すことはなくなってきました。

いろんなきっかけのひとつは、職場が変わったことです。

アクセサリーや時計って、周囲の人間が凝っているか凝っていないかでだいぶ認識が変わると思うんですよ。
お母様がジュエリーをじゃらじゃら着けるタイプだと同じようにじゃらじゃら着けたり(あるいは反動で関心を持たなかったり)、とか。

ワタシの場合は、学生時代の友人や最初に勤めた会社の同僚がアクセサリーに対して恬淡としていて、雑誌で話題の新作を着けていても誰も突っ込まないカンジだったので、ワタシもそんなに関心がありませんでした。

それに何より、アクセサリーをじゃらじゃら着けているのって邪魔くさい。
ピアス穴を開けた理由が「イヤリングだと鬱陶しいから」ですからね。
ピアスとリングは20年以上着け続けてさすがに慣れましたが、ネックレスやブレスレットや腕時計は今でも邪魔だと思ってしまいます。

という風なので安物アクセを着けたり着けなかったりという生活でしたが、職場を変えたらそれが一変。
新しい職場のお嬢さん方は皆上質なアクセサリーや高級腕時計を使っていたので、ノーアクセや安物アクセではさすがにちょっと恥ずかしい、という環境になりました。

根っからアクセサリーが嫌いならそういう環境に身を置いたら辟易したと思うのですけど、根っこのところではワタシもキラキラしたモノが好きなんでしょうね。
それまで気が向いたときしか着けなかったネックレスを毎日とっかえひっかえしたりして、んで職場のコと「きゃー、それカワイイ☆」なんてキャッキャッウフフしたりして、いかにも女子っぽい生活を楽しんでおりました。

ところが、また転機が訪れました。
にっくき空き巣にアクセサリーも腕時計も根こそぎ持っていかれたのです(空き巣のバカヤロウ!)。

ほとんどは安物なので「一文にもならんモノを盗みおって、バーカバーカ」ってカンジですが、中には思い入れの深いモノもありました。
16歳の誕生日に両親に買ってもらった腕時計とか。
19歳の誕生日に今は亡き父に買ってもらったシルバーリングとか。
初めてイタリアに行ったときに買ったカメオのピアスとか。
一目惚れして毎日のように着けていたエルメスのリングとか。

買い戻せるモノもあるけど(実際、エルメスは同じのをもう一度買った)廃番になった時計とかどうしてくれる。父にアクセサリーを買ってもらうなんてもう二度とできないのに、どうしてくれる。
空き巣どもは地獄に落ちればいい! と半ば本気で呪ってます。

呪いはとりあえず置いといたとしても、アクセサリーと時計が一切ないのはめっちゃ不便でした。
当時は腕時計がないと困る仕事だったし、キラキラアクセを着けているお嬢さん方の中でひとり丸腰なのは落ち着かないものです。
なので、盗難保険が下りると、真っ先に宝飾品店と時計店に向かう羽目になりました。

保険金てのは盗難品の購入金額総額が下りるわけではありません。
年数が経っていれば減価償却されるし、購入時のレシートがないと認められない場合もあるし。
なので、無難なデザインのビジネスウォッチ、小さなダイヤ付きのホワイトゴールドのネックレス、これまた小さなダイヤ付きのホワイトゴールドのリング、以上を買って保険金の大半を使いました(ピアスは身に着けていたから無事だった)。

アクセサリーと時計をイチから揃え直してみると「あ、これだけで充分だったんだ」と拍子抜け。
オモチャみたいな腕時計も、奇抜なデザインのリングも、じゃらじゃらと大振りなネックレスも、なくても社会生活に支障はないんだなーと再認識。
学生時代の友人や昔の同僚は、その辺のところがサッパリしていたのでしょう。

とはいえ1種類のアクセサリーを毎日着けていれば飽きますし、空き巣ショックから立ち直ってしばらくしたらまた少しずつ買い足すようになりました。

その生活に終止符を打ったのは、35歳のことです。

30歳を過ぎると、徐々に安物アクセサリーが似合わなくなってきました。

キュートなデザインは浮いてしまう。
シルバーのくすみは肌のくすみを増長させる。
安物色石は老けを強調してしまう。
それまで「よく見ればダイヤらしき石がついてますねー」くらいの安物ピアスを着けていても全然平気だったのが、それでは顔色が悪く見えるようになりました。

んで、旅先でティファニーのセールにかち合い、ダイヤのサイズとグレードがアップしたプラチナのピアスに替えたら、急にパッと血色が良く見えるようになってビックリ。
もうプチプラアクセではカバーしきれないのか……と悶々とした日々を送っていました。

悶々とした日々に訣別したのは、これまた旅行中に寄った空港の免税店でのこと。
ティファニーでかねがね目をつけていたリングに遭遇し、半ば衝動買いのようにお買い上げした瞬間です。

その日は奇しくもワタシの35歳の誕生日でした。

ティファニーブルーの瞳のイケメン店員にダイヤが乗ったリングを指に嵌めてもらい「なんて美しい!」と言われたとき、「ああ、ワタシが欲しかったアクセサリーはこれだ」と悟りました。
30代半ばの疲れた肌をダイヤのきらめきで上手に隠し、かといってリング自体が主張し過ぎることもなく、指を華奢に見せてくれて、生活で邪魔にならないフォルムと傷が目立たないデザイン。

と、同時に「あー、結婚しなくても自分でキラキラしたリングを買えちゃうんだ」という心境に至り、ほんの少し残っていた結婚願望が霧散した瞬間でした。
ワタシの「結婚したーい」って「新婚旅行に行きたーい」「でっかいダイヤがついたリングが欲しーい」という要素が少なからずあって、どっちも自分で日常生活の合間に賄えるようになってしまうと「わざわざ他人を巻き込んで結婚するより自力で実現した方が面倒くさくないよな…」と思ってしまったのですね。

というわけで、それまでは「ご縁があったら結婚したいんですけどねぇ(はぁと)」としおらしく言うようにしていたのが、35歳を境に「えー、結婚は今さらいいっスわ」と公言するようになってしまいました。

 

結婚問題はさておき、アクセサリーについてはティファニーのリングを入手してからは買い足したい欲がふっつり消えています。

それまでクリスマス前にアクセサリー売場を巡って「アレも可愛い! コレもステキ!」と鼻息を荒くしていたのが、ティファニーを買ってからは「うーん、今ワタシが身に着けているヤツの方が魅力的だよねー」と思ってしまう。

コートもバーバリーを買ってからは「バーバリーの方が可愛いからなー」と目移りしなくなりました。
有無を言わさぬ迫力のあるハイクオリティのモノをガツンと買ってしまった方が、結局は安く済む。と今では思います。
参考:ミニマムワードローブのために、高級ブランドを味方につけろ!

とはいえ似合うモノや好きなモノがわかるようになったのは、16歳から35歳まであれこれ試したからこそです。
今まで買ったプチプラアクセの代金を全部ブッ込めばハリー・ウィンストンは無理でもカルティエは買えるよなあ…と考えるとうんざりしますが、目を肥やすための投資だと思えば仕方がない(これがお金持ちのご家庭ならお母様から譲られたジュエリーなんてので目が肥えるんだろうけど、そういう生まれじゃないから仕方がない)。

今はプチプラアクセサリー売場を巡ることはせず、たまにハイブランドのショップを覗くくらいです。
ときどきは普段と違うモノを試着して、今使っているアクセサリーがホントに今の自分に似合っているかを確認するというカンジ。
そりゃもちろんブルガリだのショーメだのを覗いてしまうとティファニーよりもっと迫力があるジュエリーがキラッキラしていて涎が垂れそうになるのですが、40歳のワタシが日常使いするにはオーバースペック過ぎて買うには至っていません。

もっと歳を取ったときには、ギラッギラのブルガリにも負けない日が来るかもしれません。そしておばあちゃんになったら、でっかいオパールや瑪瑙が似合うようになるのでしょうね。
それまでは今使っているティファニーの可愛らしさに助けてもらうつもりです。

 

腕時計にはあまり触れずじまいでした。

こちらはグッチのシンプルなものを使っていますが、そろそろロレックスが欲しいと思っています。ただ、今の仕事では腕時計は特に必要ないのでまだ買っていません。
何らかの転機が訪れたときに買おうかな~と妄想しつつ、あちこちの店を覗いています(そして年々値上がっていく様子に悲鳴を上げている。20代の頃に買っておけばよかった…)。

参考:40代オトナ女子のワードローブ 総集編!

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

「[ティファニー]アラフォーに相応しいアクセサリーとは」への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    バッグにアクセサリー、気になるテーマ目白押しです。
    アクセサリー、すごく気になるし見るのも大好き、雑誌でもチェックしたり…でも、つけるのはめんどくさいんですよね。
    年齢とともに、プチプラアクセサリーつけた自分に違和感を覚え、つけるのをやめてそれっきり、みたいな。
    スワロフスキーも良いな、と思った時期もありましたが自分には似合わなかった…。
    着飾ることに興味ない母の影響かもしれません。りんむさまは素敵なお母様お持ちだと思います。
    50歳になったら、退職までの時間に花を添えてくれるようなアクセサリーを買いたいとか漠然と思っているのですが。
    ちなみに時計は、離婚した時に「自分の時間を取り戻したお祝い」としてシチズンエクシードを買いました(笑)。
    ロレックスに比べたらささやかですが、機能的で気に入っております。
    かねまつにも言えますが、国産も悪くないですよ~。

    1. いちひめサマ
      自分の時間…。・゜・(ノД`)・゜・。
      この一語でご苦労がしのばれます…。

      スワロフスキーはワタシも苦手です。
      頂き物のペンダントをひとつ持っているけど、年に数度着けるかどうか。

      50歳記念、いいアイディアですね!
      どんなアクセサリーが似合うようになってるのか、怖いような楽しみなような。

  2. りんむ様

    お待ちかねのお題です!
    ありがとうございます。
    ティファニー、素敵な出逢いですね!
    実は今ダイヤモンドのピアスを探しているところで、ティファニーもいいなぁと思っていたところです。
    横着者なので「これさえあれば!」というモノだけ持ちたいです。なかなかうまくいきませんが。

    時計はGUCCIなんですね、エレガントですね!
    私は30歳の記念で買ったオイスターパーペチュアルですが、とってもお勧めです。
    シェルの文字盤なんて、一点物でうっとりするほどです!(私はシェル似合わなくてブラックの文字盤ですが)
    よい時計に出会うといいですね!

    1. ゆサマ
      コメントありがとうございます!

      ティファニー、いいですよ〜。
      五番街の本店の2階で売ってるようなモノはゴージャス過ぎるし、シルバーは高校生みたいだけど、その中間のクラスならオトナ女子笑にはちょうどいいと思います。
      ピアスとリングにつられて、ネックレスもティファニーで揃えちゃいました。

      30歳記念の時計、いいですね!
      グッチ自体は気に入ってますが、何しろ入手のキッカケが空き巣という忌々しい出来事なので見る度に幸せな気分にならないのが難点です。

      ブラックの文字盤はシックでいいですよね〜。
      ワタシも早くこれぞ! という腕時計に出会いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です