[ミニマムワードローブ]冬のコーディネートはこれだ!

冬の服が一番好きです。
特に11月の終わりから12月の頭にかけての頃。

Sweater

愛しいコートが着られるし、ブーツを履けるのも嬉しいし(脚の形の悪さを隠せるのでブーツが好き)、温かみのあるニットを着ると安心感があるし。
そしてこの時期なら必死に防寒するほどの寒さでもない!

というわけで、ウキウキしながら冬のコーディネートを考えてみます。

1日目

  • 黒のタートルネックのニット
  • ブルーデニム
  • 黒のロングブーツ
  • ベージュのトレンチコート
  • 黒のハンドバッグ

ワタシの冬の定番。休日の8割5分はこの格好で過ごしています。

【ヴァリエーション】
・さほど寒くないときはブーツを黒のパンプスにチェンジ。
・ちょっとパンチを利かせたいときは派手色パンプスに。
・ブルーデニムをキレイめ(細身やクロップド)に替えたらオフィスでもOK。
・飽きたらスカーフを首やバッグに巻いて変化を。ベルト代わりに腰に巻くのもいい。
・寒くなってきたらストールやマフラーを追加。
・真冬にはダウンコートへチェンジ。

2日目

  • 白のタートルネックのカシミヤニット
  • カーキの細身パンツ
  • 白のスニーカー
  • ベージュのトートバッグ
  • ショート丈コート

1日目とシルエットはそう変わりませんが、白~ベージュ~カーキでマイルドな色合いに。

【ヴァリエーション】
・スニーカーをベージュのパンプスに替えればオフィスでもOK。
・バッグとパンプスを黒にしてシャープさを投入するのもあり。
・寒くないうちはコートの代わりにストールはいかが。
・真冬にはやはりダウンコートへチェンジ。

3日目

  • 黒のタートルネックのニット
  • 黒のふんわりスカート
  • 柄orカラータイツ
  • 黒のパンプス
  • グレーの革のライダースジャケット
  • 黒のハンドバッグ
  • 無地のライトグレーのマフラー

全身ほぼ真っ黒の中に、色柄タイツを投入。

ワタシがあれこれ柄物に手を出さないのは、組合せを考えるのが面倒くさいからです。
ストールに柄があるのにスカートにも柄を持ってきたらチカチカして仕方ないし、柄on柄が成立するように色や模様をリンクさせて買うのも鬱陶しい。
柄は巻き物だけ! と決めてしまえば気を遣うことなく柄を選べるのでラクです。
とはいえ足元が通年のっぺりしているのも淋しいので、タイツで投入。ワンシーズンで気軽に買い替えられるのでいいですよ。

ふんわりスカートの場合はシルエットを殺さないよう、ショート丈のアウターにしてあげてください。真冬になるとそんなこと構ってられないんだけどさ。

【ヴァリエーション】
・タイツも黒にして派手色パンプスを主役に。
・スカートの素材が冬でもOKなものであれば、白orベージュのふんわりスカート×黒タイツ×黒パンプス×ベージュトートなんてのも。
・寒くなればパンプスからロングブーツにチェンジ。

3日目

  • 黒のタートルネックのニット
  • 黒のすっきりシルエットなワンピ
  • 黒のロングブーツ
  • 派手な柄のスカーフ
  • ベージュのトレンチコート
  • ベージュのトートバッグ

ワンピースのシルエットにもよりますが…。
ワタシは冬になると夏のワンピの下にニットを着込んでしまいます。そうやって使えるワンピースを選んで買っているのですよ。

【ヴァリエーション】
・白のタートルネックのニットが細身ならそちらでも。
・スカーフの代わりに柄orカラータイツで色を入れてもOK。何でもいいから色を入れないとまっくろくろすけになるので注意。
・黒メインなのでコートとバッグはベージュで明るく。
・真冬にはダウンコートへチェンジ。

4日目

  • ベージュまたはキャメルのVネックニット
  • 黒の細身パンツ
  • 黒のパンプス
  • 黒のきちんとしたカシミヤロングコート
  • 黒のハンドバッグ
  • 派手な色の手袋
  • 無地のライトグレーのマフラー

コートと手袋が主役です。
いいロングコートをドヤ顔で着るときは、足元はパンプスで抜け感を作ってオトナの色気を出してください。真冬になるとそんなこと構ってられないんだけどさ。

【ヴァリエーション】
・寒くなければマフラーやストールなしで首に抜け感を作るのもあり。
・パンツをデニムに替えるとカジュアル度アップ。
・手袋を黒にするときは、柄物ストールなどをアクセントに。
・パンツをスカートに替えて女っぽく仕上げるのもよし。

5日目

  • 黒のタートルネックのニット
  • 暖色系の丸首カーディガン
  • 黒のふんわりスカート
  • 黒のパンプス
  • ベージュのトレンチコート
  • ベージュのトートバッグ

まだ黒のタールネックを使うか! というカンジですが、まだ使います。スティーブ・ジョブズかってほど使い倒します。

【ヴァリエーション】
・スカートを黒の細身パンツに替えてシャープに仕上げるのもいい。
・カーディガンの色合いによってはカーキの細身パンツもあり。
・これまたカーディガンの色と合えばストールを追加しても。
・黒のハンドバッグとの相性も良し。
・真冬にはダウンコートへチェンジ。

 

一応冬のコーディネートと銘打っていますが、よくよく見ると秋のコーディネートと大差ありません。
ちょっと重ね着してコート着てマフラー巻いたら冬になる、みたいなカンジです。オフィスビルで内勤ならそれで充分かと思います。

真冬にしか使えないもこもこカシミヤニットは秋に着ると暑いので、そんなに枚数を持っていても活用し切れません。
逆に、秋にも着られる薄手ニットは重ねたり機能性下着を使ったりすれば冬にも着られます。
かといって真冬にしか着られないアイテムがまったくなくてもいいかと言うと、長い冬を乗り切る楽しみがなくなってしまうのでつまらない。
嵩のあるニットを買うときは、収納容量と相談しながら熟考くださいませ。

参考:ミニマムワードローブのために、高級ブランドを味方につけろ!

スマイスターMagaZineにてコラム連載中!

投稿者:

りんむじんづ

間取図だけで3杯メシが食え、旅のためだけに日々労働し、美味しいものを好きなだけ食べられるようにジム通いに励む、そんなOLです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です